退職時に引き留められたら絶対に残ってはいけない!引き留めで後悔しない方法

上司や会社に退職を伝えたときに退職日を遅らせてほしいと言われることがあります。

あなたが会社の引きとめにあった場合は絶対に応じてはいけません。多くの人は会社の退職引きとめに応じたために後悔をしています。
一見すると会社に義理を通すことで円満退社できるかと考えられますが、実際には人生の損失にしかなりませんのでこの記事を読んで間違いに早く気付きましょう。

この記事ではあなたが退職の引きとめにあったときになぜ受けてはいけないのか、受けたらどのようなことになるのかという体験談などをご紹介いたします。

退職時の引きとめを受けたら断らなくてはならない3つの理由とは?

退職を上司に伝えたときに引きとめられたら断らなくてはいけません。断らなくてはいけない理由は3つあります。

転職先を探すタイミングを失う

 

まだ転職先が決まっていないときに顕著なのですが退職日の引き延ばしにあうと転職するタイミングを失うことが多いです。転職先というのは退職日を考えてから決めることが多いため退職日が決まらなければ転職先が決まりません。先に転職先を決めておいて「転職前日までなら引きのばせます」と言うのであれば構いませんが、転職先が決まらないまま退職の引きのばしに合意するのはやめましょう。

転職先が決まらずに退職日を何度も引きのばされて1年以上在籍しつづける例もあります。

引きとめれば残ると思われてしまう

退職を一度引きのばされてしまうと、頼めばまた退職日をのばせると会社に思われてしまいます。

1ヶ月後に退職という約束を取りつけたとしても「また退職日をのばしてもらえばいい」と会社が安易に考えてあなたの自由を奪おうとします。

会社に都合のいい人材と判断されますので退職で引きとめられたとしても合意しないことが望ましいです。

いつ辞めるかわからないので待遇が悪くなる

一度辞めると言ってしまったら「こいつはいつ辞めるかわからない」と思われてしまいます。今回は退職を思いとどまったが都合が悪いことが起きればすぐに辞める可能性があると会社は考えます。

いつ辞めるかわからない人材を厚遇する企業はありません。退職すると一度言ってしまったらあなたの待遇は悪くなる一方でしょう。

たとえ上司や会社にその気がなかったとしても、あなたと同じ能力の人材が現れたときにどちらを出世させるかと会社が悩むことがあればあなたを選ぶことは間違いなくありません。

退職を引きとめられて残ったら後悔した人の体験談①

退職を引きとめられて会社に残ったら後悔したという人は数多くいます。

例としては、退職を考えていたけれど会社が条件を見直すといって辞めるのを思いとどまった女性のパターンです。
この人は上司との人間関係で悩んでいたために退職を願い出ていました。その話を聞いた会社は上司の対応を改めさせると約束することで退職を思いとどまるよう交渉しました。上司との人間関係が解消するのであれば仕事に不満はないということで彼女は同意しました。

上司のさらに上司である人物が指導を行うことで問題は改善しました。
しかし最初のうちこそ上司は対応を改めていましたが1ヶ月もすれば元に戻ってしまいました。上司のさらに上司に相談してみましたが状況は一向に変わりませんでした。

やがて彼女は会社を辞めました。
結局、会社に残っていた数ヶ月が無駄となってしまい後悔したようです。
このように会社は最初こそ待遇改善の約束をしますが、継続して問題を解決し続けることは困難です。上司のさらに上司だって他の仕事に追われていますので退職を取りやめた人物の対応に時間を割くのには限界があります。

会社に引きとめられて後悔した人の多くがこのパターンで退職しています。

退職を引きとめられて残ったら後悔した人の体験談②

もう一つのパターンとしては会社は待遇を改善しましたが新たな問題が起こった話です。
とある男性は会社の給料に対して労働時間が長すぎると感じて退職を決意しました。しかし人手不足だった企業は労働時間を減少させることを条件に彼の退職を思いとどまるよう頼みました。

それならば仕方ないと彼は承諾しましたが、結局は1年以内に辞めました。
労働時間は減少しましたが彼の仕事が他の人に回ってしまい同僚から冷たい目を向けられるようになったのです。職場では人間関係が悪化しただけではなく労働時間が減少したために残業代が出なくなってしまい、彼の収入は減ってしまいました。このため生活が厳しくなって退職を決意しました。

最終的に彼は退職を思いとどまったことを後悔しながら辞めたようです。

まとめ

上記のような話は退職を思いとどまった人の一例にすぎません。あなたが退職を思いとどまって会社が改善すると約束したとしても、組織構造を根本的に改善しない限りあなたの負担が減ることはありません。労働時間を減らしたら他の人の負担が増えたり、人間関係を改善しようとするとそのための指導を行う時間が必要だったりと別の場所で問題が起きます。

このように、退職を思いとどまったとしてもほとんどの場合は後悔するようです。
あなたの人生の損失を防ぐために、退職すると決めたら引きとめは断固として拒否しましょう。

上司への退職連絡を自分で直接伝えてしまうと退職日の引きのばしにあってしまうと考えているなら退職代行サービスの利用を考えましょう。退職代行サービスとはあなたの代わりに退職の連絡などをしてくれる便利なサービスです。

あなたは依頼したら会社に一度も行かなくても退職が可能になります。第三者があなたの退職を伝えてくれますので会社から退職日の引きのばしをされる心配がありません。退職にかかる手間や時間も節約できますので転職活動に専念したい人にも向いています。

自分で退職を勇気が出ない人や、会社に退職日を引きのばされたくない人は利用してみてはどうでしょうか。

退職代行サービスについて詳しくはこちらをご覧ください。