キツ過ぎ!営業職の人が退職代行を利用する理由をお伝えします

営業職も製造や建築業の次に退職代行依頼が多い業種のようです。

ということで今回は、営業職の方々が退職代行を利用する理由をお伝えいたします。

拒絶されるのが辛い

営業と言えば、お客さんに拒絶されることが日常茶飯事のお仕事です。

これに対して体制がつかないと、身も体も持たないってことはよくある話です。

罪悪感を感じる

自分が心の底から良いと思っていない商品を売ることに抵抗のある人は、お客さんに商品を売ることに罪悪感を感じる方が多いです。

つまり、優し過ぎる人は、営業は向いてないと感じてしまうということです。

喋るのが嫌

営業職と言えば、お客さんや上司などと、ひたすら話すお仕事です。

口下手だったり話すことが苦手だと、会話が苦痛に感じる人も少なくありません。

しかも普通に話すだけならまだしも、自分が良いと思っていない商品を勧めたり、罵声を浴びせられることもあるわけですから、二重でキツイですよね。

ノルマに追われている

営業職でノルマは、ド定番ですね。

ノルマを達成することができないせいで、仕事が終わっても仕事のことを考えなくてはいけないので、土日であろうが祝日であろうが、気持ちが休まる暇がありません。

さらにノルマが達成できないと、上司から怒られたり、バカにされるというのが大抵なので、それをきつく感じて辞める人は結構多いみたいです。

競争がしんどい

営業職は、ノルマの次に同僚との競争が生じます。

ここで同僚よりも遅れをとると比較され、上司に「あいつにできてなんでもお前はできないんだ。」と小馬鹿にされます。

まとめ

以上が営業職の方が退職を決断する理由でした。

上記の理由のうえに、「辞めるのが気まずい。」「強引に引き止められているので、辞めるに辞めれない。」「退職を伝えることすらできないくらい精神的に病んでいる」などといった状況の方が、退職代行を利用される方が多いです。

これらに当てはまる方で、限界を感じた方は退職した方がよいでしょう。

ただ、ご自身で上司に伝えることに抵抗がある、以前から退職の旨を伝えているが辞めさせてくれない。といった状況であれば、その際はSARABAをぜひご利用ください。

あなたが退職するまでしっかりとサポートさせていただきますよ。

退職代行SARABAはこちらからお問い合わせください。