仕事で必要とされていないから辞めたい人が退職前に考えるべき判断基準3つを解説!

「会社は私のことを必要としていなさそう、辞めたい…」
「必要とされていないなら辞めるべき?」
「会社から必要とされる人の特徴を知りたい!」

自分が会社で必要とされていないと感じると、働くモチベーションを保ちづらいですよね。退職を視野に入れる人も中にはいるでしょう。しかし、退職する前に本当に会社があなたを必要としていないのか、冷静に考えるべきです。

この記事では、仕事で必要とされていないと感じている人に向けて、以下の内容を解説します。

  • 必要とされていないと感じる理由
  • 本当に必要とされていないのか判断する方法
  • 仕事で必要とされる人材になる方法

退職するか否かの選択は、この記事を読んでから判断してください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

あなたが仕事で必要とされていないと感じる理由6つ

あなたが仕事で「必要とされていない」と感じてしまう理由を6つ紹介します。

  • 簡単な仕事しか任せてもらえない
  • 結果が出ない
  • 他の社員よりも劣っていると感じている
  • 正当に評価されていないと感じる
  • 周囲の人が冷たい
  • やりがいを感じない

順番に見ていきましょう。

1. 簡単な仕事しか任せてもらえない

簡単な仕事しか任せてもらえない状況だと、周囲の人から必要とされていないと感じてしまうでしょう。実際に難易度のある仕事を任されるためには、一定以上の信頼を獲得する必要があります。

そのため「簡単な仕事しか任せてもらえない=信用されていない」と解釈してしまうのも、無理はありません。

2. 結果が出ない

仕事で一向に結果が出ないときも、必要とされていないと感じてしまうものです。会社が営利組織である以上は、働くにあたって結果が求められます。

結果が出ない状況が続いてしまうと、自分のことを「お荷物社員」と考えてしまい、必要とされていないのではないかと感じてしまうときがあります。結果が出ないことで「必要とされていない」と感じてしまう場合は、悲観するのではなく、どうやったら成功するのか前向きに考えてみてください。

3. 他の社員よりも劣っていると感じている

他の社員が自分よりも優れているのを目の当たりにしたときも、必要とされていないと感じてしまう場面でしょう。優れたパフォーマンスを発揮する人が近くにいると、自分がいなくても問題ないのではないかと思ってしまうものです。

しかし、同じ人間が誰一人としていないように、優れた人にできなくてあなたにできることがあるはずです。パフォーマンスの一面を見るだけで、劣等感を抱えないようにしましょう。

4. 正当に評価されていないと感じる

社内での評価が正当と感じられない場合も、社内で必要とされていないと考えてしまうきっかけになります。自分なりに頑張って成果を残しているとしても、評価が見合わないと感じてしまうと「必要とされていないのかな」と思ってしまうのも無理はありません。

正当に評価されていないと感じる人は、改めて社内での自分への評価に妥当性があるのか、振り返ってみるといいでしょう。

5. 周囲の人が冷たい

周囲の人がそっけない態度を取り、酷い場合はセクハラ・パワハラをしてくるときも、必要とされていないのではないかと考えてしまうでしょう。必要とされている人材であれば、周囲の人は尊重しながら接してくるものです。

しかし、社内で優秀な成績を残していて明らかに必要な人材であったとしても、妬みや僻みにより周囲から冷遇されることもあります。そのため、周囲の人が冷たいと感じる場合は、社内の同僚や上司の人間性が問題ではないかの判断が必要です。

6. やりがいを感じない

仕事にやりがいを感じないと何事もネガティブに捉えてしまい、自分が会社に必要な人ではないと考える人もいるでしょう。周囲から必要とされている状況であれば、仕事へのやりがいを感じられるものです。

やりがいを感じられない原因が周囲の人から必要とされていないのか、それとも別の理由があるのかで、その後の対策が大きく変わってきます。まずは仕事へのやりがいを感じられない原因について、ご自身で考えてみてください。

仕事で必要とされていないのは本当?退職すべきかの判断基準3つ

あなたが仕事で「必要とされていない」と感じていたとしても、実際には会社から必要とされている可能性も十分にあり得ます。そのため「必要とされていなくて辛いから退職しよう」と考えている人は、一度立ち止まってください。

仕事で必要とされていないと感じる人は、今の状況が以下の3つに該当しないか考えてみてください。

  1. 過去の自分と比べて成長しているか
  2. 人間関係の良し悪し
  3. 他に辞めたい理由があるか

1つずつ詳しく解説するので、当てはまっていないことを確認した上で退職を決断しましょう。

1. 過去の自分と比べて成長しているか

周囲の人と比べて劣っているために「必要とされていない」と感じる人は、過去の自分よりも成長しているのか、振り返ってみてください。

過去よりも明らかに成長していると感じられるのであれば、辞める必要はありません。いずれあなたが周囲の人に追いつき、会社の戦力として活躍する機会が出てくるはずです。

実際にあなたが優れていると思っている人が病気や退職などにより離脱した場合、出番が回ってくる可能性は十分にあります。

しかし、過去と比べても成長を感じられない場合は、残念ながら周囲から信用されていないことが考えられます。今のまま会社に残っても状況が変わる見込みは低いので、退職を検討しましょう。

2. 人間関係の良し悪し

上司を始めとした社内の人間関係が明らかに悪い場合は、必要とされていない可能性が高いです。特に、あなたへの接し方が周囲の同僚と明らかに異なる場合は、残念ながら必要とされていません。

逆に人間関係が良好な場合は、会社から必要と考えられている可能性があります。そのため、現時点での退職は踏みとどまり、自身が「会社から必要とされていない」と感じる他の理由を考えてみましょう。

3. 他に辞めたい理由があるか

退職を考えるにあたって、他に辞めたい理由があるかどうかも重要なポイントです。「会社の人から必要とされていない」と考えているとしても、実際には会社を辞めるための口実にしようとしているだけの可能性があります。

人間関係や待遇、仕事内容などを総合的に見て、辞めたい理由が複数思いつく場合は退職するといいでしょう。反対に、辞めたい理由が他に見当たらない場合は、仕事で必要とされる人材を目指すのがおすすめです。

仕事で必要とされる人の特徴3選

仕事で必要とされていないと感じる状況でも、人間関係や待遇が恵まれているために退職まで考えていない人も、一定数いるでしょう。退職を考えていない人は、会社で必要とされる人材を目指すのがおすすめです。

仕事で必要とされる人の特徴は、以下の3つです。

  1. 周囲への気配りができる
  2. 不平不満を言わない
  3. 報連相ができる

順番に見ていきましょう。

1. 周囲への気配りができる

周囲への気配りができる人は、仕事で重宝されやすいです。基本的に仕事は複数人で取り組むものなので、気持ちよく働くためには周囲への気配りは必要不可欠です。

気配りする際のポイントは、周囲の人が求めているものを察知し、先回りして対応することです。実際に、周囲への気配りが常日頃からできる人はそう多くありません。

そのため、仕事中の気配りを欠かさないだけでも、周囲の人と差別化できて重宝されるようになります。

2. 不平不満を言わない

会社から必要な人と思われたいのであれば、不平不満を言わないように気をつけてください。不平不満を口に出してしまうと、社内の空気が悪くなってみんなが働きづらくなってしまいます。

気持ちよく働く条件の1つに、チーム全体が高いモチベーションで仕事に取り組むことが挙げられます。逆に不平不満を耳にしてしまうとモチベーションが削がれ、パフォーマンスが大きく落ちてしまうでしょう。

理不尽な出来事に遭って不平不満を言いたくなったとしても、その場ではぐっとこらえて、一緒に働く同僚へ伝わらないように気をつけましょう。

3. 報連相ができる

報連相ができる人は業務を円滑に進められるので、会社が必要とする人材の条件と言えます。報連相は社会人として当たり前のことですが、実は完璧にできる人は多くありません。

報連相は組織で働く上で基本的なことですが、完璧にできるようになれば社内でも重宝されます。相手の立場に立って、仕事を円滑に進めるために必要なことを共有するようにしましょう。

仕事で必要とされる人になる方法3つ

仕事で必要とされる人材になるためには、以下3つのことを取り入れてみてください。

  1. 目標や課題を持って目の前の仕事に取り組む
  2. 周囲の人と協調することを意識する
  3. ポジティブシンキングを持つ

順番に見ていきましょう。

1. 目標や課題を持って目の前の仕事に取り組む

現時点で簡単な仕事しか任せてもらえない状況の人は、目標や課題を持って取り組むことを意識してみてください。どんなに簡単な仕事だとしても、目標や課題を持って目の前のやるべきことに取り組めば、ステップアップに繋がります。

そして、ゆくゆくは大きな仕事を任せてもらえるようになり、替えの利かない人材となれれば「会社から必要とされている」と感じられるはずです。

簡単な仕事しか任されない人は今の状況を嘆くのではなく、ステップアップするための時間と捉えて、目の前のやるべきことに集中しましょう。

2. 周囲の人と協調することを意識する

周囲の人と協調しながら仕事に取り組むことも、意識してみてください。会社での仕事は基本的に、誰かと協力して取り組まなければ進められません。そのため、周囲の人と協調することが重要視されます。

独りよがりにならずに、周囲の人の意見を取り入れながら仕事を進めていけば、あなたを見る目はガラリと変わるはずです。「必要とされていない」と感じているあなたなら、逆に周囲の人を尊重することの大切さを理解しているはずです。

ぜひ、周囲の人の意見を大切にしながら仕事を進めることを、意識してみてください。

3. ポジティブシンキングを持つ

仕事に取り組む際は、できるだけ前向きに捉えるようにしましょう。ポジティブな考えを持って行動していれば、一緒に働く人も前向きに働けるようになり、雰囲気がよくなります。

ポジティブシンキングを持っていれば、困難にぶち当たったときでも「どうすれば乗り越えられるか」と考えられるようになります。そのため、より高い成果を上げられるようになるでしょう。

ポジティブな考えを持ちながら仕事へ取り組めば周囲の雰囲気がよくなり、成果に対しても好影響を及ぼします。ポジティブシンキングは明日からできることなので、ぜひ取り入れてみてください。

仕事で必要とされていないときに辞めたいと思うのは普通!退職して新しい環境で頑張ろう

仕事で必要とされていないと感じるとモチベーションを保てなくなり、辞めたいと思ってしまうものです。しかしあなたの考えていることが実はただの思い込みで、会社が必要としている場合もあるので、早まって退職しないように注意しましょう。

最後に改めて、仕事で必要とされていないと感じていても退職しないほうがいい人の特徴を、以下にまとめてみました。

  • 過去の自分よりも成長している
  • 人間関係が良好である
  • 他に辞めたい理由が見当たらない

逆に上記に該当しない場合は、今のまま頑張っても状況が変わらない可能性が高いため、退職を検討する必要があります。

「退職したいけど上司に言いづらい…」と感じている人は、退職代行の利用がおすすめです。数万円程度の利用料さえ支払えば、あなたに代わって上司に退職の旨を伝えてくれるので、ストレスなく退職できます。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる