「仕事ができないと迷惑」と思い辞める必要はない!対処法や退職すべき判断基準を解説

「仕事でミスばかりしてしまう」
「仕事ができない自分は退職するべきではないのかな…」
「社内で迷惑をかけてしまって不甲斐ない」
このようなお悩みを抱えていませんか?

失敗が続いたり、売上を挙げられなかったりすると「仕事ができない」と自分を責めてしまう方がいるのではないでしょうか。同僚と比べると余計に辛くなってしまいますよね。

なかには、退職を検討している方もいると思います。しかし「仕事ができないと迷惑」と思い辞める必要はありません。

この記事では、仕事ができないと悩んでいる方に向けて

  • 退職する必要がない理由
  • 対処法
  • 退職するかどうかの判断基準

などを解説します。

当コラムを最後まで読むことで、仕事ができないときの対処法や辞めるべきかどうかの判断基準が分かるようになります。ぜひご一読ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【理由は3つ】「仕事ができないと迷惑」と思い辞める必要はない

「仕事ができないと迷惑」と思い、勤務先を辞める必要はありません。理由は主に以下の3つです。

  1. 完璧な人間はいない
  2. 仕事自体に慣れていない可能性がある
  3. 努力でカバーできる

順番にみていきましょう。仕事を辞めるかどうか迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.完璧な人間はいない

仕事を完璧にこなせる人はいません。誰しもが仕事で失敗した経験を抱えています。

例えば、営業成績がトップの人でも、売上がいまいちだったときもあるでしょう。

あなたが仕事ができないのは、一時的なものかもしれませんそのため、一時的な判断で退職を検討するべきではありません。

2.仕事自体に慣れていない可能性がある

仕事ができない原因は、仕事自体に慣れていない可能性があります。

特に、入社・転職したばかりは、初めて行う業務もあるでしょう。「なかなか慣れず、ミスを連発してしまった」という方も少なくありません。

最初のうちは、どんな人でも仕事についていくのは難しいものです。そのため、少しずつ業務に慣れていくよう意識してみてください。

3.努力でカバーできる

仕事ができないと感じていても、努力でカバーできる可能性があります。

具体的には、上司に質問したり、自分で勉強したりします。このような努力をすることで、仕事ができるようになるかもしれません。

また、努力している姿を周りに見せることで、少しずつ認められる可能性もあるでしょう。

【辞める前に】「仕事ができないと迷惑」と感じたときの対処法4選

「仕事ができないと迷惑」と感じたときは、以下4つの対処法を試してみてください。今の状況が改善に向かう可能性があります。

  1. 信頼できる人に相談してみる
  2. 自分の課題を探す
  3. 異動願を出す
  4. 会社を休んでみる

順番にみていきましょう。

1.信頼できる人に相談してみる

「仕事ができない」と感じる場合は、信頼できる家族や友人などに相談してみましょう。話を聞いてもらうことで、気分がスッキリすることがあります。

家族や友人が同じ悩みを抱えていた場合、的確なアドバイスをもらえるかもしれません実践することで、問題が解決する可能性があります。

仕事で悩みを抱えていれば、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

2.自分の課題を探す

「仕事ができない」と感じるときは、自分に課題がないかを探してみましょう。直すべきところを見つけ改善することで、状況が改善する場合があるためです。

課題を見つけるには、上司や先輩など経験を積んでいる人に相談してみましょう。培った経験からアドバイスをもらえる可能性があります。

課題が見つかったら、改善できるように行動に移してみましょう。

3.異動願を出す

「仕事ができない」と感じるときは、異動願を出すのも1つの手です。業務内容が合っていない可能性があるためです。

環境が変われば、仕事が楽しいと感じるかもしれません。仕事内容に悩みを抱えている場合は、異動願を出すことを検討してみましょう。

4.会社を休んでみる

「仕事ができない」と感じた場合は、思い切って会社を休んでみましょう。休むことでリフレッシュになり、仕事に前向きに取り組める場合もあります。

疲れを感じた際には、有給休暇を使用して会社を休んでみてください。映画を見たりリラクゼーション施設に行ったりするなどして、心と体をリフレッシュさせるのがおすすめです。

【逃げてOK】「仕事ができないと迷惑」と感じたときに会社を辞めた方が良い人の特徴

「仕事ができないと迷惑」と思い、勤務先を辞める必要はありません。ただし、状況によっては、今すぐに退職を検討した方が良い場合もあります。

こちらでは、会社を辞めた方が良い人の特徴を3つ紹介します。

  1. 突然ミスが増えた
  2. パワハラを受けている
  3. 努力しても改善の見込みがない

これらの項目に当てはまったら要注意です。

1.突然ミスが増えた

今まで仕事ができていたのに突然ミスが増えた場合は、退職を検討した方が良いかもしれません。心や体に不調をきたしている恐れがあるためです。

精神的に限界が来ている状態を放っておくと、うつ病などの精神疾患をわずらう恐れがあります。うつ病を一度発症してしまうと、仕事に支障をきたすことも珍しくありません。

突然ミスが増えた場合は、ストレスが溜まりすぎていないか振り返ってみましょう。心と体の健康を第一に考え、ときには退職を選択することも大切です。

2.パワハラを受けている

仕事ができないことを原因としてパワハラを受けている場合は、早めに退職しましょう。ハラスメントを受けているのを放置すると、心や体に支障をきたしてしまいます。

どのような理由があっても、暴言・暴力をふるうことは許されません「なんでこんな簡単な仕事もできないんだ」「お前の存在が迷惑」など、ハラスメントを受けている場合は、早めに退職を検討してください。

3.努力しても改善の見込みがない

努力しても改善の見込みがない場合は、退職を検討してみてください。仕事内容が合っていない可能性があるためです。

例えば、人と喋るのが苦手な方は、営業や接客業が難しい場合があるでしょう。人には向き不向きがあるので、努力しても改善できないこともあります。

加えて、異動願が通らずに業務内容が変わらなかった場合も同様です。

「自分がやりたいこと」「楽しいと感じること」を明確にし、職場を新しくすることも検討してみてください。

仕事を安全に辞めるなら退職代行サービスがおすすめ

仕事を安全かつできるだけ早く辞めたいなら、退職代行の利用を検討してみてください。退職代行とは、依頼者に代わりに退職の意志を伝えてくれたり、手続きを行ってくれたりするサービスです。

こちらでは、退職代行サービスおすすめする5つの理由を紹介します。

  1. 退職の意向を代わりに伝えてくれる
  2. 引き止めに合わない
  3. 最短当日で退職できる
  4. 退職に必要な書類を受け取れる
  5. 自分の要望を伝えてくれるから

順番にみていきましょう。

1.退職の意向を代わりに伝えてくれる

退職代行を利用する最大のメリットは、自分の代わりに退職の意向を伝えてくれることです。

例えば、パワハラを受けている方が上司に退職を伝えるのは、かなり勇気が必要ですよね。「会社を辞める」ことを伝えた結果、辞めさせてもらえないだけでなく、暴力や嫌がらせがエスカレートする可能性があります。

退職代行に依頼すれば、そもそも上司と話す必要はありませんそのため、ストレスを感じずに会社を辞められます。

2.引き止めに合わない

退職代行ならば、引き止めの心配がありません。

自分で退職しようと上司に話をしても、引き止められてしまった方も多いのではないでしょうか退職を申し出たら「辞めたら承知しないからな」などと脅されてしまい、困っている方もいると思います。

退職代行を使えば、引き止めにあってズルズル仕事をする必要はありません。退職時期を有耶無耶にされて辞められなかった方は、ぜひ退職代行サービスの利用を検討しましょう。

3.最短当日で退職できる

退職代行に依頼するメリットは、最短で当日に会社を辞められることです。例えば、深夜にサービスの依頼をすることで、朝出社せずに退職できるケースもあります。

自力で辞める場合、退職の意志を伝えても、1~3ヶ月は出社するように求められる場合が考えられますよね。精神的に限界が来て悩んでいるのなら、即日退職が可能である退職代行業者への依頼をおすすめします。

即日退職については、関連記事「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」にて詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説 「もう限界、明日にでも仕事を辞めたい…」「退職代行を使えば、もう2度出社しないで辞められる?」「会社の規約では、1ヶ月前に退職の意向を伝えないと辞められないけど...

4.退職に必要な書類を受け取れる

退職代行サービスのメリットは、退職後に必要な書類を勤務先へ要求していることです。

会社を辞めた後は、以下の書類が必要です。

  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証

もらえないと転職先に迷惑がかかったり、失業保険を受け取れなかったりします。これらの書類の要求を代わりに行ってくれることで、退職時のストレスを抑えられます。

5.自分の要望を伝えてくれるから

退職代行を利用するメリットは、自分の要望を代わりに伝えてくれることです。例えば「有給を使いたいこと」「未払いの残業代を支払って欲しい」など、自分からは言いにくい内容を伝えてくれます。

ただし、このような要望は通らない可能性があります。民間企業が運営する退職代行サービスでは、依頼者の要望を伝えることしかできないと法律で定められているためです。

「確実に有給を取りたい・残業代を支払って欲しい」と考えている方は、弁護士・労働組合どちらかが運営しているサービスを選びましょう。会社への交渉が法律で認められており、自分の要求が通る可能性が高いです。

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる