【不安解消】仕事を辞めたいけど次がないときの対処法5選!退職すべきかどうかの判断基準とは?

「仕事を辞めたい…」
「次が決まっていないまま退職してもいい?」
「転職先が決まっていないのに会社を辞めるのが不安」
など考えていませんか?

仕事を辞めたいけど、次がなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。上司からの理不尽な説教や長すぎる就業時間など、限界を感じている人もいると思います。

とはいえ、次が決まっていない状態で仕事を辞めるのは心配ですよね。退職した後の生活を考えると、どうしても不安になってしまいます。

結論からお伝えすると、次がなくても仕事は辞めても大丈夫です。無理して仕事を続けることで、体や心に悪影響を及ぼす可能性があります。

この記事では、仕事を辞めたいけど次がなくて悩んでいる方に向けて

  • 対処法
  • 退職すべきかどうかの判断基準

などを解説します。

最短当日で辞められる安全な退職方法も紹介するので「辛い仕事から解放されたい」と考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【大前提】次がなくても仕事は辞めていい

大前提として、次がなくても仕事は辞めていいです。無理して仕事を続けることで、体や心に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

最悪の場合、うつなどの心の病を発症する恐れがあります。うつ病を一度発症してしまうと、仕事に支障をきたすことも珍しくありません。

いろいろ不安があるかもしれませんが、大膳として仕事を辞めても大丈夫であることは覚えておきましょう。

次がなくても仕事を辞める人は意外と多い

転職先が決まっていなくとも、仕事を辞める人は意外と多いものです。

実際に、Twitterではたくさんのユーザーが仕事について言及しています。

次がなくとも退職して、なんとかなっている人は多いです。そのため、精神的に限界を感じていれば、転職先が決まってなくとも仕事を辞めても大丈夫ですよ。

次がなくても辞めた方がいい会社の特徴3選

次がなくても以下に当てはまったら、退職を検討しましょう。

  1. 仕事のことを考えると涙が出てくる
  2. ハラスメントが横行している
  3. 在籍していても将来性がない

これらの状況を放っておくと、体調をきたしたりキャリアを築けなかったりします。退職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.仕事のことを考えると涙が出てくる

仕事のことを考えると涙が出てくる場合は、要注意です。心に大きな傷を抱えている可能性があります。

このような状態を放っておくと、うつ病などの精神疾患をわずらう恐れがあります。うつ病を一度発症してしまうと、仕事に支障をきたすことも珍しくありません。

「仕事に行こうとすると涙が出てくる」「自宅から出ようとすると吐き気をもよおす」などの場合は、転職先が決まっていなくとも退職を検討しましょう。心と体の健康を第一に考えることが大切です。

2.ハラスメントが横行している

パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行している場合は、早めに退職しましょう。このような職場の環境を、自分の力で変えることは難しいためです。

社内に報告した結果、自分がターゲットになる可能性があります。また、ハラスメントを受けているのを放置すると、心や体に支障をきたしてしまいます。

社内でハラスメントが横行している場合は、退職を検討してみてください。

3.在籍していても将来性がない

在籍していても将来性がない場合は、早めの退職を検討しましょう。

例えば「昇進のチャンスがない」「業績が下がっている」などです。特に、キャリアを築きたい方にとっては、将来性の有無は重要なポイントです。

「この会社では成長できない」と感じれば、次がなくとも退職を考えてみてください。

仕事を辞めたいけど次がないときの対処法5選

「次がないけど仕事を今すぐに辞めたい」と考えている方には、以下5つの対象法をお勧めします。

  1. 転職活動を並行して行う
  2. 退職してアルバイト・パートを始める
  3. 貯金・有給を活用する
  4. 親を頼る
  5. 国の制度を利用する

順番にみていきましょう。

1.転職活動を並行して行う

「次がないけど仕事を今すぐに辞めたい」と考えている方は、転職活動を並行して行いましょう次が決まればすぐ退職できる状態を確保すれば、今の仕事も耐えられるかもしれません。

ただし、就業しながら転職活動を行うのは、難しい場合があります。例えば、深夜まで残業がある方は、面接の日程を組むのさえ困難なこともあるでしょう。

このような場合は、有給を使ったりオンライン面接をしたりして転職活動を進めていくのがおすすめです。

2.退職してアルバイト・パートを始める

「次がないけど仕事を今すぐに辞めたい」場合は、退職してアルバイト・パートを始めるのも1つの手です。時給によっては、正社員でなくとも十分生活できます

正社員よりも責任が比較的軽く、残業も少ない傾向にあります。人によっては、アルバイト・パートを始めることでストレスが減ることもあるでしょう。

収入を得る方法は、正社員でなくても可能なので、頭に入れておいてみてください。

3.貯金・有給を活用する

貯金や有給を活用することで、次がなくともお金に困らず退職できる可能性があります。特に有給を使えば、1~2ヶ月間働かないでも良い場合があるので、そこから転職活動を始めるのも良いでしょう。

なお、有給消化は労働者に与えられた権利です。そのため、勤務先は従業員からの「有給を使いたい」という申し出に対して拒否できません。

もし有給消化を拒否された場合は、労務管理を任されている部署や労働基準監督署へ相談しましょう。関連記事「退職時に有給を消化できないときの対処法4選!安全かつ確実に消化しきる方法とは?」ではより詳しい対処法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
退職時に有給を消化できないときの対処法4選!安全かつ確実に消化しきる方法とは? 「退職時には有給を消化できないの?」「有給を消化しようと思ったら、上司から拒否されてしまった…」「退職時に有給を消化するには、どうしたらいい?」このようなお悩...

4.親を頼る

貯金・有給がない方は、親に頼ることも検討してみてください。例えば、生活費の援助を受けたり、一人暮らしの人は実家に帰ったりするなどです。

ただし、親を頼りすぎて何もしないのはNGです。就職活動を始めたり、アルバイト・パートをしたりなどして、何か行動を起こすようにしましょう。

5.国の制度を利用する

次がなく働くのがどうしても難しい場合は、国の制度を利用するのも1つの方法です。

主な制度は、以下の通りです。

  • 失業保険
  • 生活困窮者自立支援制度

失業保険は、会社を退職した人が一定の要件を満たした際に受け取れる手当のことです。元の給与の約50~80%の金額を、最低90日間受け取れます。

生活困窮者自立支援制度は、働きたくても働けない人や、住む場所がない人などを支援するためのものです。各都道府県に設けられた窓口に相談します。

仕事により心と体がボロボロの場合は、このような制度を利用しましょう。働くことよりも、心身ともに休むことが何よりも重要です。

仕事を辞めたいけど次がないときは退職代行サービスを利用しよう

試用期間中に辞めるのが「気まずい」と感じる場合は、退職代行の利用がおすすめです。退職代行とは、利用者の代わりに退職の意志を伝えたり、手続きしてくれたりするサービスです。

退職代行には、主に以下4つのメリットがあります。

  • 退職の意向を代わりに伝えてくれる
  • 引き止めにあわない
  • 最短当日で退職できる
  • 退職に必要な書類を受け取れる

「安全にできるだけ早く会社を辞めたい」「上司に退職の意志を伝えるのが憂鬱」と考えている方の利用がおすすめです。

当メディアを運営している退職代行SARABAでは、無料の転職サポートを行っています。そのため、次がなくても安心して勤務先を辞められます。24時間無料相談も受け付けているので、まずは話を聞きたいという方もぜひ気軽にご連絡ください。

>>退職代行SARABAに相談してみる

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる