人手不足で仕事を辞めさせてくれない会社への対処法!続けるリスクも解説

「仕事を辞めたいとやっと切り出したのに、後任がいないと断られてしまった」
「人手不足を原因に仕事を辞めさせてくれない会社にはどうしたらいいの?」
「どうやったらこの仕事を辞められるんだろう」

今の仕事をやめようと意を決して上司に話をしたら、人手不足を原因に断られてしまった方に向けて記事を書いています。早く辞めたいのに取り合ってもらえず、途方に暮れている方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、会社は人手不足を理由に退職を断ることはできません退職したいならば、会社の都合は気にせずにさっと辞めてしまって良いのです。

しかし、上司に断られてしまうと、どうやって辞めたらいいのか困ってしまいますよね。そこでこの記事では、人手不足で退職できない方がやるべきことや、知っておくべきことをまとめました。

  • 辞めさせてもらえない仕事を続けるリスク
  • 退職するための間違った対処法
  • すぐに辞められる方法

をまとめているので、ぜひ参考にして会社をやめましょう。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

人手不足は会社を辞めさせてくれない理由にはならない

冒頭でも紹介したとおり、人手不足は退職できない理由にはなりません会社側は本来断ることができないので、上司に引き止められても屈しなくてよいのです。

最初に、人が足りなくても会社を辞められる理由を説明していきます。

法律では退職の意志を伝えてから2週間後に辞められる

そもそも退職は、労働者に認められた権利です。実際に、民法627条1項では以下のように書かれています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

(民法第627条1項)

つまり、退職したいと申し出れば、基本的に2週間後に辞められるということ。法律で定められているため、会社側は退職を拒否することはできません。

人手不足は会社が考えるべき問題

辞める権利があるとはいえ、人手が足りないから残ってくれと相談され、気持ちが揺らいでしまう方もいるでしょう。また、後任が見つかるまでは辞めてはいけないと言われた方もいるかもしれません。

しかし、本来人手不足は会社が考えるべきこと。退職はもちろん、体調不良などで急に出社できなくなる社員が出るリスクは十分ありうるので、日頃から何があってもいいように社員を育成しておいたり、採用を増やしておく必要があります。

そのような準備をしないで、辞めようとする社員を引き止めるのはナンセンス。会社がやるべきことを怠った結果なので、あなたが気に病む必要はありません

人手不足で辞めさせてくれない仕事を続ける5つのリスク

人手不足で引き止めにあったから、続けようかなと考えた方は、以下のリスクもしっかり把握しておいてください。

  1. 体調不良に陥る
  2. 転職時期を逃す
  3. 会社の財務状態に問題がある場合も
  4. 自分が成長できない
  5. 雰囲気が悪化していき居心地が悪くなる

退職しようとした会社をなんとなく続けてしまうと、後悔するかもしれません。リスクを鑑みた上で残って頑張ろうと思えないなら、すぐ辞めることをおすすめします。

1. 体調不良に陥る

もし残業が多すぎたり、心身の負担が大きかったりして退職を検討した場合、無理に続けると体調不良になる可能性があります。

体を本格的に壊してしまうと、元通りに働けなくなるかもしれません。また、メンタルの不調を患った場合も寛解までには長い時間がかかります。

あなたが体を壊してしまったとしても、会社は責任をとってくれるわけではありません。身体が元気なうちに環境を変えるほうが良いでしょう。

2. 転職時期を逃す

年齢が上がると転職の条件は厳しくなります。年次があがるほど、即戦力を求めるからです。

今の職種が合わず、心機一転違う仕事をしたい場合、若ければ若いほど選択肢が広がります。会社の引き止めのせいで可能性が狭まり、転職後も苦手な仕事を続けるのはもったいないです。

特に第二新卒や30歳未満の若手の場合、早めに退職して次の仕事を探すほうが良いでしょう。

3. 会社の財務状態に問題がある場合も

慢性的な人手不足にも関わらず、採用が行われていないならば、会社の財務状態に問題があるかもしれません。十分な給与を払えないからこそ、少ない人員で仕事を回しているということも十分に考えられます。

しかし、人が疲弊しながら働いている会社では、成長はなかなか望めません。もしそのまま財務状態が悪化した場合、後でリストラに遭うこともありえます。

もし倒産してしまえば、その後のあなたの面倒を見てもらうことはできません財務状況が悪く、将来性がないと感じるならば、気にせず早めに辞めることをおすすめします。

4. 自分が成長できない

人手不足の会社では、新人を育成する時間が取れません。目の前の業務を今いるメンバーでとりあえず回さないといけないからです。

そのような職場では新たな仕事にチャレンジする環境がないため、成長は見込めないでしょう。自分の市場価値を上げたいと思うならば、早く辞めるべきです。

今の会社にダラダラいるうちに、周りとさらに差がついてしまいます。

5. 雰囲気が悪化していき居心地が悪くなる

人手不足が慢性化してくると、心身に負担がかかるもの。その職場で働く人達の雰囲気も悪化していきます。

その環境に耐えられず辞める人が増えると、環境は悪くなるばかり。ギスギスした雰囲気で働きたくないのなら、退職を決めたほうが良いでしょう。

人手不足で仕事を辞めたら損害賠償を請求されるの?

「あなたが辞めたら会社が回らない。それでも辞めるなら、損害賠償を請求するぞ」と言われてしまい、どうしようかと思っている方もいるでしょう。

しかし、会社をやめるのは労働者の権利のため、退職を原因に損害賠償を請求することはできません辞めさせないために脅しているだけなので、気にせず退職して大丈夫です。実際に損害賠償請求をされたにせよ、会社の主張は通らないでしょう。

ただし、会社に不利益をもたらすような辞め方をした場合、話は別。

  • 退職時に従業員を引き抜く
  • 無断欠勤を続けて業務が回らない状態にした

などの場合は会社に損失を与えてしまい、それが証明できてしまうので損害賠償請求される可能性があります。

辞めるときは周りを巻き込むことがないように注意してください。辞めることをしっかりと伝え、退職するならば損害賠償を請求されることはありません。

人手不足でも仕事を辞めさせてくれないときの間違った対処方法

人手不足と言われても会社は辞められます。しかし、上司に屈して間違った対処方法をしてしまった場合、退職時期が遅くなるなどのリスクが出てきます。

具体的には、以下の対処方法をするのは避けましょう。

  1. 人が増えるのを待つ
  2. 連絡なしで飛ぶ
  3. 労働基準監督署に相談する

なぜこの対処方法が間違っているのか、具体的なリスクとともに解説していきます。

1. 人が増えるのを待つ

どうしても人が足りないから、次の人を採用するまで待ってくれと言われることもあります。しかし、人が増えるまで退職を待つのはおすすめしません

採用の時間は読めません。あなたが辞めないことに安心して、そもそも採用をしなかったり、求人を出しても人探しにかける優先順位を下げられたりすることも十分ありえます。

繰り返しになりますが、人手不足は会社側が準備を怠った結果なので、あなたが犠牲になる必要はありません。もし会社側が真剣に考えているのなら、慰留を伝えたとしても、時期は明示するはずです。

引き継ぎを考慮したとしても、待つ期間は2〜3ヶ月が限度。具体的な時期を相談されなかったり、半年、1年残留してほしいと言われたならば、悩まず辞めてしまって良いでしょう。

2. 連絡なしで飛ぶ

退職を受け入れてもらえなかったとしても、急に出社せずに飛ぶのはNGです。会社に損害賠償請求されたり、懲戒解雇扱いになるリスクがあります。

懲戒解雇を受けてしまった場合、履歴書に記載しなければいけません。その結果、転職が不利になってしまいます。懲戒解雇を受けたような人材を雇いたいと思う企業は少ないはずです。

もし隠して運よく転職に成功したとしても、バレてしまった場合は解雇の理由になりえます。

また、失業手当を貰おうと考えている場合でも、給付が始まるまでの期間が長くなります。このように、今後の自分に影響してしまうため、飛ぼうと思っている方は絶対にやめてください。

そのほか、会社を飛ぶリスクは「【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由」にさらに詳しくまとめています。飛ぶしかないと考えてしまっている方は、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由 「会社をバックレたいけどトラブルにならないか不安」「バックレる以外の方法ですぐに退職できないのか」とあなたは悩んでいませんか? 会社で嫌なことがあったときに、...

3. 労働基準監督署に相談する

会社とトラブルを抱えているなら、労働基準監督署に相談すればいいと思っている方もいるでしょう。確かに労働基準監督署は、状況次第で強い味方になりえます。

しかし、労働基準監督署に相談すれば問題は即解決すると思っているならば、それは危険もし会社が労働基準法を守っている場合、会社に対してできることは少ないからです。

さらに、労働基準監督署は、具体的な被害の証拠がなければ動くことができません。過去の証拠が揃っていない場合は、まずそれを集めることから始めないといけないのです。

また、相談したとしても即日対応してくれることはありません。実際に対処してくれたとしても時間がかかってしまうため、今すぐやめたいとという希望には合わないのです。

人手不足で仕事を辞めさせてくれないときは退職代行

人手不足を理由に退職を引き伸ばされているならば、退職代行を頼るのが最善の選択肢です。特に、自分でやめたいと伝えても聞き入れてもらえなかった場合、強い味方になってくれます。

退職代行は、あなたの代わりに退職したいという意志を伝えてくれるサービスです。依頼をしてからはすべての会社とのやり取りを代行してくれるため、家で待つだけで退職ができてしまいます。

退職代行を使うと、以下のようなメリットがあります。

  1. 上司に顔を合わせずに退職できる
  2. 即日すぐに出社しなくて良い
  3. 損害賠償請求や懲戒解雇に怯えなくてすむ

上司と顔を合わせて気まずい思いをすることはありません。さらに、有給を使うことで即日すぐに出社しなくていいように手続きを進めてくれます。

辞めるだけでも後ろめたいのに、「有給を使わせてください」とはなかなか言い出しにくいのではないでしょうか?退職代行を間に挟むことで、代わりに有給消化の希望も伝えてくれます。

さらに、退職をしっかりと伝えてから止めるので、損害賠償請求や懲戒解雇に怯える必要もありません。会社側に「辞めたら訴えてやる」などと脅されると不安な気持ちになるものです。その点、数々の退職を成功させている代行サービスにおまかせすれば、脅しに怯えずにすみます

すぐにやめたいならば、ぜひ退職代行を利用してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる