長崎県32歳(男性)プロスポーツチーム営業の退職事例

1. 貴方の簡単な自己紹介

僕は長崎県在住で今年32歳になる男です前職はプロスポーツチームの営業をしていました旧帝大の大学を卒業後新卒で一部上場企業に就職しましたが幼い頃からの夢だったスポーツ業界で働くことが諦めきれず求人を見つけた時は大企業の恵まれた待遇やキャリアを迷わず捨て応募することに決めました

2. 退職した理由

学生のプロスポーツの世界でアルバイトをさせていただいた経験があり世間が思っているほど華やかな世界ではないこと内情はかなり厳しく大企業のようにワークライフバランスなど保てないことは理解していたつもりでしたスポーツクラブでの営業というと何をてるのよく聞かれますが端的に言うとスポンサー営業です

よく皆さんが球場やスタジアムで目にされる企業広告を集める仕事ですスポーツクラブの運営においてはチケットを販売して得られる入場料収入やグッズや飲食物などの販売利益と並んでクラブ経営を支える大きな収入源ですもちろん仕事で楽しいやりがいを感じるなと思った場面もたくさんありました

勝利の感度をお客様と一緒に分かち合えたり自分の仕事が巡り巡って子どもたちに夢を与えていると感じることができたりすることですしかしそれ以上につらかったことも多くありました法外なノルマ必達を言い渡されいくらそれに向けて受注を重ねてもオーナー企業や上司からはクズ扱いしかされませんでした

いくら頑張っても1ミリも評価されないばかりか結局おまえは無能なダメ人間なんだと怒鳴られやる気がないなどと精神論をとなえて馬鹿にされることが毎日何時間も続きました不毛な会議という名の怒号が飛び交うパワハラにより営業に出られる時間も睡眠時間も削られていき心身ともに限界を超えていました

そういった苦悩が重なったこともあり勤続年数4年目で夢だったスポーツ業界での仕事人生にピリオドを打ちました月給は手取りで15万程度もちろん残業代やボーナスはありません月の労働時間は300時間超えは当たり前会社に泊まり込みそのまま朝を迎えることも少なくありません

定時という概念がもはやないことに加え残業代が出ないので残業時間は把握していませんでしたやはり同年代の友人達が家族を築いていく姿を目の当たりに僕もこれではいけないちゃんと労働に見合った収入を得られる会社に転職しなければと思ったのが退職の最大の理由ですいつか家族を持ち家族との時間も大切にしたい

そのためには早めに転職に踏み切らなければと思い退職願いを出したあの日の決断は間違っていなかったと確信しています

 

SARABAで「おさらば」しませんか?

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら