新潟県50歳(女性)事務職の退職事例

1. 貴方の簡単な自己紹介

私は現在50歳の女性で、新潟県に住んでいます。学歴は短大卒です。現在の職業はフリーライターですが、数年前まで会社に勤務していました。私は30代後半の頃に転職した会社が、いわゆるブラック企業のような会社でした。今まで勤務した他の会社ではブラック的な会社ではなかったので、正直なところかなり驚いたのと同時に、こういう会社が実際に存在するのだということを初めて実感しました。

2. 退職した理由

私はその会社に2年あまり勤務していましたが、その間に何度も給料日に給与が振り込まれていないことがありました。

入社してすぐに、そうだったので仕事のことよりもまず、毎月きちんと給料が振り込まれるのかという心配の方が先に立ってしまいました。また、毎月、給与明細が発行されず、年に1度だけというのも驚きでした。

給与は月に15~6万円程度で、私の中では妥当な金額だったのですが、賞与がまったくなかったので、経済的にはあまりゆとりがありませんでした。

週に2日の休みがありましたが、祝祭日は休めずに、むしろ出勤しなければいけない状態でした。会社がお盆と年末年始以外は無休だったので、私は平日限定で休みを取ることができました。

残業をしたことはほとんどありませんが、昼休みも来客や電話応対などがあり、休憩中とは言え、仕事モードで待機しているような状態でした。

入社した時から何となく居心地が悪い会社だったので、あまり楽しい思い出はありません。職場の人はほぼタバコを吸っていて、社内がタバコの煙で充満していました。

幸い、私は仕事で外出することがけっこうあったので、その時間だけが唯一の息抜きで楽しみだったかもしれません。

また、入社した時からパワハラ上司がいて、その人にはかなりのストレスをかけられました。自分ができない仕事を納期が迫った状態で私に押し付け、「期限内に間に合わせないと、社運に関わることになる」と脅されました。

私は入社してすぐにこの会社にいるのが耐えられなくなり、頻繁にハローワークで仕事を探すようになりました。しかし、なかなか次の仕事が見つかりませんでした。

私は過剰なストレスで、一時期、朝になると吐き気をもよおしていました。体が拒絶反応を起こしていたのですが、生活のためには次の仕事が決まるまでは辞めるわけにもいかず、心を無にして耐え続けました。

入社して2年が経った頃、以前から良くなかった会社の業績がかなり悪化していました。そこで事業縮小のために私は担当していた仕事が廃止されることになりました。

私がまったく畑違いの業種への異動を命じられたのですが、確実にできないと思ったので、事実上、自主退職をしなければいけない状態になりました。会社側も自主退職を狙っていたような感じでした。

 

SARABAで「おさらば」しませんか?