意外にブラック?保育士さんが退職代行を利用する理由をまとめてみました。

保育士さんでも、退職代行を利用する人はたくさんいらっしゃいます!

そこで、今回は、保育士さんが退職代行を利用する主な理由をまとめてみました。

退職したいと言いにくい

保育士だけではありませんが、SARABAを利用する人のほとんどが「直接、退職の旨を伝えることが困難。」だと言う方が多いです。

特に保育士さんは引き止めが多い部類に入る業種なので、退職代行を利用する方は多いです。

妊娠

保育士さんの大半は女性なので、妊娠が理由で退職代行を利用する人も少なくありません。

もちろん、全員が退職を選ぶわけではなく、休職を選ばれる方もいますが、そもそも妊娠で退職を選ぶということは職場環境に問題があるでしょう

なぜなら、その保育園で継続して働きたいのであれば休職を選ぶからです

以前から保育園に対し、不満がありなかなか言い出しにくかったのでしょう。だから妊娠を理由として退職される方が多いのだと思います。

行事がキツイ

保育士さんと言えば、子供に関する行事がとてつもなく多いですよね。

例えば、入園式、遠足、七夕、お泊まり会、運動会、ハロウィン、豆まきと言いだせばキリがないのですが、この多忙な行事のスケジュールが負担になって耐えられない保育士さんが後を絶ちません。

もちろん、行事には準備もありますし、ひとつの行事を無事終えても、すぐに次の行事がくると思うと、精神的におかしくなってしまうと考える方も少なくないのです。

そのうえ、厳しい上司が同じ職場環境にいると、ストレスで潰れてしまうんじゃないかと感じる方も多いです。

子供と関わりたくない

これは結構あるケースで、自分は子供が好きだと思っていたけど、いざ仕事で大勢の生意気な子供を相手にするとなると、かなりキツイと感じる人も少なくないようです。

しかも他人の子供ですし、過保護な親がバックにいるとなると下手に叱ることもできず精神的に参ってしまい、我慢できずに退職を決意する人も多数います。

業務内容が思っていたのと違う

保育士になる方は、保育士として保育の仕事がしたいと感じている人がほとんどです。

その名の通り、子供の相手をしたいというのが目的なのに、全く関係のない雑務ばかり任せる保育園も存在します。

保育士としての保育仕事が出来ないことに不満を感じてらっしゃる方々も意外といるのです。

 

以上が保育士の主な退職理由です。

保育士で退職代行を利用される方はとても多いです。

自分では言い出しにくい、引き止めにあってしまうという方でもSARABAを利用された方は、全員退職できております。

もしそういった理由で退職しづらいのであればぜひSARABAをご利用ください

退職代行SARABAはこちら