広島県22歳(女性)宝飾小売の退職事例

1. 簡単な自己紹介

現在22歳の女性です広島県東部出身で地元の宝飾小売店に販売職として勤務していました入社前は近県の英語系の短期大学を卒業し前職では1年間勤めていました給料は基本給と手当てを合わせて月15万程度でしたが不況を理由に途中からクリーニング代三千円がカットになりました残業代は1年間働いた中で一度も付きませんでした

余談ですが給料明細が社長からの手渡しで受け取るときに偶然先輩の明細が目に入ったのですが大卒で入社6年目販売職の男性の金額が私とほとんど変わらず昇給は見込めないなと悟りましたちなみにボーナスは会社の利益が出た時のみで私は一年目だったためかありませんでした月に休みが8日あり3018308時間労働1時間休憩です

残業時間は一時間ほど前に出社して開店準備をするので月に20時間以上ありました仕事でつらかったことは休日が少なく労働時間も長いため休む時間がなかったことです休日は仕事内容の勉強を少しでも疲れをとるために寝ることがほとんどでした

また同じ労働環境で精神的なバランスを崩している態度の厳しい直属の上司やワンマンで労働条件にあいまいな社長と関わることもストレスでした仕事で楽しかったことは接客業だったためお客様に喜んでもらえること笑顔が見れること感謝してもらえることが一番嬉しかったですまた仕事をやっていく中でビジネススキルや仕事内容に関する知識が身に付いたことも自身の成長を感じられてやりがいを感じました

2. 退職した理由

主な退職理由は販売職から事務職へのキャリアチェンジのためですもともと経理事務職として内定し3ヶ月ほど商品知識や仕事の流れなどの勉強を兼ねて販売職として研修をするということでしたが人員の都合上その期間が半年一年と延びていきました年末に社長から直接経理として入社してもらったが人員の都合上来年も販売として頑張ってほしいそうでなければ会社を辞めてもらわなければいけない言われました

新しい人が入社次第経理へ異動とのことでしたが自身が5年ぶりの新入社員だったこと人手不足にもかかわらず積極的な採用活動を行なわなかったためパート中途採用新卒内定者がいないことまた労働条件への不満少ない休日多い残業あいまいな勤怠管理や給料関係入社1年目で不況を理由に給料カット等により退職を決意し年度末に退職しました転職エージェントの方に同じことを聞いてもらうと早めに見切りを付けて正解だったねと言ってもらえ退職という決断が自分の中で負担に感じていたのが少し和らぎました

 

SARABAで「おさらば」しませんか?