兵庫県51歳(女性)経理事務の退職事例

1. 貴方の簡単な自己紹介

私は現在51歳の専業主婦ですブラック企業で働いていた時は26歳でした会社は神戸市の中心にありました職業は企業のロゴや商品のデザインをする会社で経理事務をしていました

最終学歴は短大卒で勤続年数は三年です給料は15万円で月の労働時間は200時間残業時間はまちまちでゼロの月もあれば40時間ぐらいの月もありました

2. 退職した理由

仕事でつらかったことはとにかく社長がワンマンで気分屋で何でも美味しい情報に飛びついては従業員を振り回すところです

仕事で楽しかったことは有線放送の契約をしていたので流行りの音楽を聴きながら仕事が出来た事です

 

退職理由は社長の全てが嫌だったからです初めて貰った給料の明細を見てなんか変だなと感じて先輩に聞いたところ会社と社員で折半して払うべき各種保険を操作して少なく払っていると説明されました

社員が本来貰えるべき失業保険も少なくなってしまうのできちんと納めなければいけないと税理士の先生から言われても聞く耳を持たなかったそうです株式会社にも関わらず会社のお金は自分のお金と言う個人商店のような考え方が抜けない人でしたとにかく時間とお金と女性にルーズな人でした前日遅くまで飲み明かし翌日の出勤は夕方からなどは日常茶飯事でした妻帯者にも関わらず社長室には色々な女性を取っ替え引っ替え連れて来ていました

社長は40代後半でしたが連れて来る女性は決まって20代前半から半ばまでと言う若い子が好きな典型的なオヤジでした従業員に対しても自分のお気に入りには甘く嫌いな人にはとことん冷たく嫌味な人でした特に若い男性社員には当たりがきつかったと思います社長が崇拝する祈祷師みたいな人がいました

その人が言う事は何でも正しいと信じており儲け話が頓挫した時は祈祷師の言う通りに相手を訴えていましたその書類作りを退社時間直前に急に言いつけられ終電がなくなりそうな時間ギリギリまで毎日残業させられた時もあります一字一句祈祷師の指示に従い書類を作りました社長はパソコンひとつ使えないので全部私に振ってきます

苦労して出来上がった書類を受け取る時も労いの言葉ひとつありません挙げ句の果てに全信頼をおいていた祈祷師が詐欺だったと分かったのですその後は出社して来ては祈祷師の悪口三昧でした流石に着いていけないと退職する事にしました退職の意思を伝えた後は手のひらを返すようにキツく嫌がらせばかりされました今の時代なら完璧なモラハラで訴えられるレベルだと思います予想通り退職金は一円もなく失業保険もちゃんと納めてくれないので本来貰えるはずの半分程でした色んな人が居るんだなと勉強になりましたが辞めて本当に良かったと思っています

 

SARABAで「おさらば」しませんか?