【退職代行体験談】死ぬくらいなら…といわれた場合どんな結果に!?

今回は、退職代行SARABAをご利用して頂いた依頼者の情報を基に、どういう流れだったか?しっかり退職はできたのか?をお伝えします。

いざとなったら死ぬ!?

この依頼者さんは、「死ぬよりかはマシ」という気持ちで、退職代行を利用したみたいですね。

さらに、退職代行を利用しても会社を辞められなかった場合は、「死ぬ」と述べています。

今月までは働いてくれと言われる!

これはよくある話ですが、依頼者さんが会社に「今すぐ辞めたい」と言ったところ、「今月は働いてくれないか?」とマネージャーに止められたみたいですね。

SARABAでは会社から退職時に引き留められることは珍しい話しではありません。そのため今回の依頼者にも「はい、大丈夫です。」とご返答してますね。

途中まで励まし、最後には「辞めるな」

なんと、会社側は今月中だと言っていたが、最終的には「辞めるな。」と言われたみたいですね。

ブラック企業でよくあることですが、いきなり親身になり、励ましてきて、再び「辞めるな」という常套手段です。

ここで休職してしまったり、ズルズルと続けてしまうと、また退職するタイミングを逃してしまいます。

続ける自信があるならまだしも、辞めてしまいたいほど追い詰められているのなら、退職したという強い意志をもち続けましょう。

それでも辞めれるのが退職代行!?

 


しかしながら、会社側から引き留めを受けたからといって、退職できなくなるということはありません。

なので、代行を頼んだのなら、すぐに断念したり、不安にならずに代行業者に頼りましょう。
もしここで諦めたり、会社の指示に従ってしまえば、代行業者もサポートできなくなってしまいます。

結果・・・いきなり円満退職に成功!?

なんとこの依頼者さん、円満退職に成功しました。

それも、会社側から退職を認めてもらったとのこと。

会社内で辞めさせるかどうか?話し合いがあったのでしょうね。

退職代行を利用するとどうしても会社側に嫌なイメージを与えたり、鬱陶しいなと思われてしまうような感じがしますが、辞めれるどころか?円満退職できるケースもあると言うわけですね。

まとめ


結果的に依頼者さんは見事、退職することが出来ました。
それも、円満退職です。

仕事が嫌だけど、「会社から引き止められる」、「死にたい」と思うほど追い詰められている方は、無料相談、質問ができる退職代行SARABAに相談されてみてはいかがでしょうか?

自分の力だけでは退職できないと思う方は少なくありません。最近報道されたニュースでも上司からの強引な引き留めに合って自殺してしまったアイドルもいました。

諦める前に、一度退職代行に頼ってみてはいかがでしょうか?

あなたが退職するまでしっかりとサポートさせていただきますよ。 

退職代行SARABAはこちらからお問い合わせください。 

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら