辞められたら困ると言われたときに問題なく対処するために必要な準備

退職を上司に伝えたときに「辞められたら困る」と言われたらどうしますか?
多くの人は上司の意見を振り切ってまで退職したいと伝えることは難しいでしょう。

もし上司の反対を振り切って退職を強行したなら円満退社はできませんし、上司の嫌がらせにあう可能性もあります。
退職するにあたって会社と揉めたいと考える人はいないでしょう。可能な限り穏便に済ませたい人のためにこの記事では問題なく退職するための準備についてまとめました。

会社ともめずに退職したい人は事前準備が重要です。この記事を読むことでスムーズに退職することができるでしょう。

上司や会社に「辞めないでくれ」と頼まれたときにキッパリ断る事前準備

「退職はちょっと待ってくれ」と言われたときにキッパリと断るのは難しいです。しかしあなたはこれ以上、会社に残りたくないと考えています。上司に退職を伝えたときに辞められるよう事前準備をしっかりと行なっていきましょう。

退職を伝える前に後任を育てておく

退職で引きとめられる最大の理由が後任者が育っていないことです。あなたのポストに入れる人物がいなければ会社は何としてもあなたを引きとめようとするでしょう。逆に言えばあなたがいなくても仕事が回るのであれば無理に引きとめる理由はなくなります。

万全の状態で退職を伝えるために後任者を早めに育てておきましょう。とはいえ後任者候補がいない段階から育てるなら半年は必要です。まずは後任者の候補となる人物を選びましょう。後任者の候補となるのはあなたとタイプが似ている人で熱意がある人です。できれば仕事の覚えが早い人のほうが教えるのが楽です。

あなたとタイプが違っていたり熱意がない人を後任者候補にすると途中で挫折しますので慎重に選んでください。
もし後任者候補となるような人物が近くにいなかったら、最も候補に近い人物を選んでください。多少は問題があったとしても最終的には何とかなります。

ただし絶対に候補に選んではいけない人物がいます。
ルールを守れない人です。

このような人物を後任者候補にすると様々な問題が起きますので絶対に選ばないでください。
後任者を選んだらあなたの仕事を全部任せましょう。「これはまだ早いのでは」と思う仕事もどんどん任せてください。多少強引なくらいがちょうどいいです。

今の会社では求めるものが得られないことを具体的に説明する

後任者を育てた後はあなたが会社にいる理由がないことを主張しましょう。今の会社では自分がやりたいことができないとか、業界の将来に希望が感じられないなど会社が改善するのが難しい部分を強調してください。

人間関係が悪いとか給料が低いといった理由をあげてしまうと会社は改善すると言ってあなたを引きとめようとします。

しかし人間関係が改善したり給料が上がったとしても一時的な場合が多く、1年後には退職する人がほとんどですので会社の言い分は聞かないようにしましょう。

引継ぎの準備をしてから退職を伝える

後任者を育てて明確な理由が主張できたとしても引き継ぎができないと退職はスムーズにいきません。購入者が育っているのであれば退職を伝える前に引き継ぎ準備をしておいて、あとは引き継ぎを数日で済ませられるという段階になったら退職を上司に伝えましょう。気の合う後任者なら引き継ぎに関して大きな問題は起こりにくいです。最悪の場合は退職後に電話で多少のフォローが必要かもしれませんが事前に出来る限りのことは引き継いでおきましょう。

後任者が育っていて、会社が改善できない退職理由で、引き継ぎも完璧となれば会社が引きとめる理由はほとんどありません。せいぜいがあなたが優秀だから残ってほしいと言われるぐらいでしょう。この理由なら拒否するのは難しくありませんし、断っても問題にはなりません。

上司や会社の引きとめを断るための簡単な方法

退職の引きとめを断るのに簡単な方法があります。

対面で伝えず電話で退職を伝える

上司と直接対面して退職を伝えると引きとめにあう確率が一気に上がります。しかし電話であれば上司が強く主張したとしてもあなたは断りやすいでしょう。

ただし円満退社したい場合は電話で退職を伝えるのはオススメしません。年配の上司だと電話での退職連絡を失礼だと感じますので心象を悪くする可能性があります。

繁忙期を避ける

繁忙期に退職を申し出るのはやめましょう。繁忙期の直前も危険です。退職を申し出るのなら繁忙期の直後がベストです。次の繁忙期まで期間があれば人材を育てる余裕が会社にありますので引きとめにあう可能性は下がります。

退職代行サービスを利用する

自分で直接伝えると退職の引きとめにあいやすいですが、電話で伝えると失礼だと思われてしまいます。
そんなときに活躍するのが退職代行サービスです。

退職代行サービスはあなたの代わりに会社に退職を連絡してくれます。電話と同じで失礼ではないかと感じるかもしれませんが、あなた自身が電話をするのと第三者が会社に電話するのでは印象が変わってきます。また退職代行サービスを利用すれば会社に行くことなく退職ができますので、最悪の場合は上司と会わないで退職することも考えてみましょう。

退職代行サービスを利用すると退職の連絡や手続きにかかる手間を省略できます。在職中に転職活動をしたくても仕事に追われてなかなか活動することができません。そんなときに退職代行サービスを使えば時間的余裕が生まれますので転職活動に専念することができます。

まとめ

退職時に会社の引きとめにあうかどうかは事前の準備で大半が決まります。事前に完璧な準備を進めておけば会社から引きとめを受けたとしても断ることができるでしょう。
もし自分で伝えるのが難しいなら退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行「SARABA」なら3万円の費用で退職代行を全てやってくれますので安心して任せることができます。退職実績は、ほぼ100%で、もし退職できなかったとしても全額返金保証があります。

退職代行サービスを利用した人の多くが会社に行かずに済んで満足しているようです。残業の不払いなど法的な問題は退職代行サービスで解決するのは難しいですが、弁護士に依頼するよりも安価ですみますので会社トラブルを抱えていないのであれば利用する価値があります。

あなたも退職代行サービスを利用して転職活動に専念してみてはどうでしょうか。

退職代行サービスについて詳しくはこちらをご覧ください。