仕事に行きたくないときは休もう!休みたいと感じる4つの理由や欠勤時の注意点を解説

「仕事に行きたくないときは、休んでもいい?」
「仕事に行きたくないと感じる理由が分からない…」
「仕事に行きたくなくて毎朝涙が出る…どうしたらいいの?」
このようなお悩みを抱えていませんか?

「仕事へ行きたくない、あわよくば休みたい」と考えている方は多いでしょう。

しかし、欠勤していいのか悩んでしまいますよね。休み中に迷惑をかけないか、翌日に怒られないか不安を抱える方もいると思います。

結論からお伝えすると、仕事へ行きたくないと感じるときは、思い切って休むのがおすすめです。この記事では、その理由を解説しています。

さらに、休む際の注意点や欠勤しても問題が解決しない場合の対処法を紹介します。「仕事に行きたくないから休みたい」と考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事に行きたくないときは思い切って休もう

「仕事に行きたくない」と感じる場合は、思い切って休みましょう。休みを取ることで心と体がリフレッシュされ、翌日からの業務を前向きな気持ちで取り組めるためです。

「仕事に行きたくない」と感じるまま出勤しても、業務が滞ったり、ますます疲労を感じたりする可能性があります。このような状況がつづけば、仕事に支障をきたしてしまいます。

「他の人に迷惑がかかるのでは?」と感じる方もいるでしょうが、1日くらい休んでも問題ありません翌日からの仕事のために、まずは心と体の回復を目指しましょう。

仕事に行きたくないと感じる4つの理由

「仕事に行きたくない」と感じる場合は、何か原因があるのかもしれません。こちらでは、主な理由を4つ紹介します。

  1. 疲れが溜まっている
  2. 人間関係に悩みを抱えている
  3. 仕事でミスが続いている
  4. 仕事量が多すぎる

それぞれの理由が自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

1.疲れが溜まっている

疲れが溜まっていることで「仕事に行きたくない」と感じる場合があります。体が悲鳴を上げているサインといえるでしょう。

疲れの原因は、

  • 十分な睡眠時間が取れていない
  • 食生活が乱れている
  • 仕事が繁忙期に差しかかっている

などが挙げられます。

疲労が溜まっており体に限界を感じれば、リフレッシュのために休みましょうさらに、規則正しい生活習慣も併せて意識してみてください。

2.人間関係に悩みを抱えている

「仕事に行きたくない」と感じる原因として、人間関係に悩みを抱えていることが挙げられます。

例えば、上司から嫌がらせを受けたり、同僚から陰口を言われたりしていると、強いストレスを感じますよね。出勤するたびに嫌な思いをするなら、仕事に行きたくないと思うのはごく自然なことでしょう。

嫌がらせや陰口がエスカレートし、パワハラに該当する行為に発展した場合は早めの対処が必要です。社内の相談窓口や労働基準監督署などに問い合わせすることおすすめします。

3.仕事でミスが続いている

ミスが続くと、仕事へのモチベーションが低くなってしまいますよね。「また失敗をするのではないか」と感じ、出勤することが怖いと感じる方もいるでしょう。

ミスが続く原因は、仕事自体に慣れていない可能性があります。特に就職・転職したてでは新しい業務を覚えることになるため、失敗が多くなるのは自然なことです。最初から完璧な人間はいないので、まずは指摘されたミスを繰り返さないように意識してみてください。

また、失敗が多いのは、会社や上司の教育に問題があることも考えられます。業務のマニュアルを用意していなかったり、上司の教え方が悪かったりすれば、ミスをしてしまうのは仕方のないことです。このような状況であれば、必ずしもあなたのせいではないので、自分を責めないでくださいね。

4.仕事量が多すぎる

仕事量があまりにも多いと、会社へ行きたくないと感じる原因となります。残業や休日出勤をしなければならないケースも多く、疲労が溜まったり、ストレスを感じたりします。

仕事量が多すぎる場合は、上司に減らしてもらえないか相談してみましょう。業務に支障をきたしていることを伝えれば、改善が見込めるかもしれません。

仕事に行きたくないときに休む際の3つの注意ポイント

仕事に行きたくないときは思い切って休んでも問題ありません。

しかし、休む際には注意すべきポイントがあります。主に、以下の3点です。

  1. 欠勤の連絡は忘れずに行う
  2. SNSの利用や外出を控える
  3. リフレッシュするよう心がける

それぞれの注意点について、順番に解説します。

1.欠勤の連絡は忘れずに行う

会社を休む際には、上司へ欠勤の連絡を忘れずに行いましょう。無断欠勤をすることで、翌日から会社に行きにくくなったり、懲戒解雇などのトラブルに発展することがあるためです。

なお、欠勤の連絡はメールやLINEではなく、電話で行いましょう。怖いと感じる方もいるかもしれませんが、上司との関係を円満に保つためには必要なことです。

2.SNSの利用や外出を控える

会社を休む当時は、SNSの利用や外出を控えるよう注意しましょう。SNSの投稿や外出が原因で、ズル休みしたことがバレてしまうためです。

もしズル休みがバレてしまうと、職場の人からあなたの印象が下がってしまいます。結果、仕事がやりにくくなったり、人間関係が悪化したりするかもしれません。

特に、SNSは誰から見られているか分からないです。フォローし合っていなくとも職場の人に投稿を見られる可能性もあるので、利用は控えましょう。

3.リフレッシュするよう心がける

会社を休む際は、リフレッシュすることを心がけましょう。「仕事を欠勤してしまった」などと罪悪感を抱えたまま過ごすと、心身ともに休まらない可能性があります。せっかく仕事を休んだのに心と体が回復しなければ、意味がありませんよね。

欠勤する当日は、リフレッシュすることを1番に考えましょう。自宅で趣味を楽しんだり、昼寝したりするのがおすすめです。

仕事を休んでも問題を解決できないときの対処法5選

仕事を休んだとしても、根本的な問題が解決できないケースがあります。例えば、休みたいと感じる原因が残業や休日出勤の場合は、欠勤した分仕事が溜まってしまうかもしれません。

このような場合の対処法を5つ紹介します。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 部署異動を申請する
  3. 休職する
  4. 転職を考える
  5. 仕事を辞める

それぞれの方法について、くわしくみていきましょう。

1.信頼できる人に相談する

仕事を休んでも問題が解決したい場合は、家族や友人などに悩みを相談してみましょう。話しを聞いてもらうことで、気分がスッキリすることがあるためです。

家族や友人が同じ悩みを抱えていた場合、参考になるアドバイスをもらえる場合もあります。実践することで、問題が解決する可能性もあるでしょう。

仕事で悩みを抱えていれば、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

2.部署異動を申請する

仕事の問題が解決しない場合、部署異動を申請してみましょう。

休みたいと感じる原因は、部署の人間関係が悪い、仕事内容が辛いことなどが考えられます。上司や業務が変わることで、環境が改善する可能性もあります。

ただし、部署異動ができる保証はありません。時期や人数によっては、異動できない可能性があるためです。加えて、部署が変わったとしても、新たな問題が生まれる可能性もあります。

3.休職する

精神的な限界が来ている場合は、休職することをおすすめします。

有給を使うよりも、長い期間会社を休めるためです。休職期間の目安は、3ヶ月~1年間です。

ただし、休職中は、給料が支払われない可能性があります。会社によって取り決めが異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

4.転職を考える

仕事を休んでも問題を解決できないときは、転職を検討しましょう。人間関係や仕事内容が原因の場合、会社を変えることで状況が改善する可能性があるためです。

例えば、定時で帰れたり、人間関係が良かったりすると、悩みが解決する場合もあるでしょう。

職場の 人間関係や仕事内容 に悩みを抱えている場合は、転職を検討してみることをおすすめします。

5.仕事を辞める

部署異動の申請が通らなかったり、求職しても復帰はできないと感じたりしたら、仕事を辞めることを検討しましょう。解決する見込みがないと、仕事を休みたいという気持ちは変わりません。

なお勤務先を辞める際には、バックレることだけは避けてください転職する際に不利になったり、退職金が支払われなかったりするためです。

会社を辞めるときは、安全に辞めるため上司に退職の意向を伝えましょう。

毎日「仕事に行きたくない」と感じるなら退職代行サービスを利用しよう

「仕事に行きたくない」と感じるのであれば、思い切って休みましょう。無理をすることで、心や体を壊す原因となります。ときには休息日を作り、回復を試みることが大切です。

しかし、仕事を休んでも引き続き「行きたくない」と感じるのであれば、置かれている環境に問題があるのかもしれません。深夜まで残業が続いたり、パワハラが横行していたりする場合は、会社を辞めるのも1つの方法です。環境を変えることで、改善が見込める可能性があります。

心と体がボロボロになって限界を感じている方は、退職代行サービスの利用を検討してみてください。退職代行とは、依頼者の代わりに退職の意志を会社へ伝えてくれるサービスです。利用することで、最短当日で辞められたり、上司と顔を合わさずに退職できたりするメリットがあります。

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる