サラリーマンがつまらないと感じる理由や早く脱却する5つの方法を解説

「サラリーマンはつまらない」
「仕事がつまらないので辞めたい」

サラリーマンの仕事がつまらないと感じていませんか?

なんとなく「つまらない」と感じていても、ただの甘えだと言われたり、退職する勇気が出なかったりする方も多いでしょう。

とはいえ、つまらないと感じている状態で、ずっと今の仕事を続けるのは苦しいといえます。

この記事では、以下の内容について詳しく解説します。

  • サラリーマンがつまらなくなる理由
  • なぜ仕事がつまらなくても辞めない人が多いのか
  • つまらない状態からの脱却方法

サラリーマンがつまらないと感じている状態の解決方法もわかるので、ぜひ参考にしてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

サラリーマンがつまらなくなる典型的な理由

サラリーマンをやっていると、仕事がつまらなくなる経験をした方は多いでしょう。

「人生には限りがあるのだから、つまらない時間を過ごしたくない」と考えている方も多いのではないでしょうか?

サラリーマンがつまらないと感じる理由は、大きく分けると4つあります。

  1. 仕事内容がつまらない
  2. 毎日同じことの繰り返しになる
  3. 成果を出しても給料や役職が上がらない
  4. 上司や同僚との人間関係に疲れた

つまらない状態から脱却するためにも、まずはその原因を把握しておきましょう。

1.仕事内容がつまらない

仕事内容がつまらないと考える方は多くいます。

そもそも就職活動をしても、第一志望の会社に入れるとは限りません。なかには、「ほかの会社から内定をもらえなかったから」という理由で、就職を決めた方もいるのではないでしょうか。

第一志望でない会社に就職した場合、希望している仕事でないこともあるため、仕事がつまらなくなるのも無理はありません。

また、就職後に自分は●●の仕事がやりたいと上司に主張しても、

  • おまえにはまだ無理だから
  • 成果を出さないとそのポジションは与えられない
  • このポジションは勤続●年以上の社員しか担当できない

と反論されるケースがほとんどです。

仕事内容がつまらないと考える、サラリーマンは多くいます。

2.毎日同じことの繰り返しになる

憧れの会社に就職すれば、充実したサラリーマン人生が待っていると考える方は少なくありません。

しかし、楽しそうに見える仕事でも、ほとんどは日々地味な作業の繰り返しともいえます。

たとえば、接客の世界に憧れて飲食店で働くと仮定しましょう。

飲食店で働く場合、基本的には、接客をしたり調理をしたりする仕事がほとんどです。毎日同じルーティーンで働いていれば、たいていの方は飽きてくるのではないでしょうか?

さらにどの業界で働くにしても、1年経験すれば、ほぼ毎日同じことの繰り返しです。その結果、なんとなくサラリーマンがつまらないと感じるようになります。

3.成果を出しても給料や役職が上がらない

日本では、いまだに成果主義を導入している会社は多くありません。なかには、年齢を重ねないと出世できない会社もまだ多くあります。

年功序列型の会社で働いている場合、実力があっても、若い方の給料はなかなか上がりません。

さらに、中堅からシニア層の従業員も多いため、なかなかやりたい業務のポジションも空かないでしょう。

そして、自分の実績を評価してもらえないので、この会社で働くのがつまらないと感じるようになります。

4.上司や同僚との人間関係に疲れた

サラリーマンでは、人間関係の重要度が高いといえます。

上司や同僚から嫌われないように立ち振る舞わなければ、出世ができない会社も多いです。

最悪のケースでは、パワハラやセクハラで休職に追い込まれるケースも珍しくありません。

さらに、顧客や取引先からの理不尽なクレームに対しても、逆らえないことでストレスを抱える方も多くいます。

上司や同僚には平日ほぼ毎日会わなければならないため、人間関係に疲れると、サラリーマンがつまらないと感じるようになります。

サラリーマンがつまらないのに退職しない方が多い3つの理由

サラリーマンとして働くのがつまらなく感じた経験がある方は、多くいるかもしれません。

それにもかかわらず、我慢して働き続けている方は少なくありません。

そこで、なぜサラリーマンがつまらないと感じていても退職しない方が多いのか、その理由を解説します。

  1. 給料が保障されているから
  2. 辞める勇気がないから
  3. 同僚や上司に後ろめたい気持ちがあるから

サラリーマンがつまらないと感じている方のなかには、思い当たる節もあるかもしれません。

株式会社ビズヒッツが1,000名に対して実施した「会社を辞めたいと思う瞬間に関する意識調査」の結果も、一部踏まえながら解説します。

1.給料が保障されているから

サラリーマンがつまらないにもかかわらず退職しない方が多い理由は、会社で働き続けている限り、給料が保障されているからです。

ビズヒッツが行った調査では、不満があるにもかかわらず辞めない理由について回答を求めています。

その結果、1,000名中337名が「生活のため」と答えています。

会社を辞めて有給休暇を使い切ると、毎月の給料が振り込まれなくなります。

もちろん、退職後すぐに次の転職先が見つかれば、生活にも悪い影響はありません。

しかし、転職活動をしても、なかなか次の会社が決まらない方も多くいます。もちろん、転職活動中は収入が一切入ってきません。

そのため、辞めたくても収入が途絶えるのが怖くて転職できない方は多くいます。実際に、生活のためと合わせて「転職が難しい・仕事が見つかるか不安」と回答している人も223名います。

2.辞める勇気がないから

今の労働環境が苦しくて辞めたいと考える方は多くいます。しかし、なかには、辞める勇気がない方もいるでしょう。

一般的に現在の会社を辞めるためには、上司に退職の意思を伝える必要があります。

ところが、退職の意思を伝えるのはなかなか勇気のいる行動です。

上司に退職の意思を切り出しても、強い引き留めにあう方やまったく相手にされなくて困る方も少なくありません。

その結果、辞めたいのに辞められないまま、時間だけが過ぎてしまいます。

ビズヒッツの行った調査でも、辞めたいと思った経験がある方は889人もいますが、辞めていない方は4割近くいます。

3.同僚や上司に後ろめたい気持ちがあるから

「もう今の会社で働きたくない」「次のステップに進みたい」と考えていても、同僚や上司に後ろめたい気持ちがあり、辞められない方もいるのではないでしょうか?

ビズヒッツの行った調査では、会社を辞められない理由として「職場の人間関係がよい(49人)」「辞めると迷惑がかかる(24人)」と挙げている方も一定数います。

あなたが会社を辞めた場合、それまで行っていた業務は誰かが担当しなければなりません。

従業員が足りていない職場で働いていれば、なおさら申し訳ない気持ちで一杯になるでしょう。

また、上司や同僚に育ててもらった恩義から辞められない方もいます。

サラリーマンがつまらない状態から脱却する5つの方法

サラリーマンがつまらないと感じ、なんとかこの状態から脱却したいと考えている方が多いのではないでしょうか?

そこで、サラリーマンがつまらないと感じている状態から脱却できる方法をいくつか紹介します。

  1. 仕事にやりがいを持ってみる
  2. 異動を検討する
  3. 副業をはじめる
  4. 転職の準備だけでもしておく
  5. 6ヶ月分の生活費を貯めておく

今日から実行できることもあるので、ぜひ挑戦してみましょう。それぞれの方法について順番に解説します。

1.仕事にやりがいを持ってみる

サラリーマンがつまらないからと安易に転職をするのは、おすすめできません。

その理由は、転職しても、同じ理由でつまらないと感じる可能性があるからです。

まずは、努力しても今の仕事が本当につまらないのかどうか確かめる必要があります。そのためには、一度やりがいを持って仕事ができそうか確かめてみましょう。

なお、一般的にやりがいとは、仕事に楽しさを感じたり人の役に立っていたりする実感を表します。

やりがいを持つためには、以下の方法を試してみましょう。

  • 小さな目標を作って達成する
  • 切磋琢磨できるライバルを見つける
  • 誰かのために働く
  • 上司や同僚など尊敬できる人を見つける
  • 無理だと思うことでも全力でやってみる
  • これまでの仕事方法を改善してみる
  • 社外の人と会って話してみる

どれか1つを全力でやってみてはどうでしょうか。仕事に対する考え方や姿勢、やり方などを変えてみて、やりがいが出てくれば辞める必要はありません。

もちろん、どうしても今の仕事にやりがいを持てないのであれば、無理に今の職場で働き続ける必要はありません。

2.異動を検討する

今の職場が合わない=会社との相性が悪いとは限りません。たまたま現在の職場の人間関係・業務内容・仕事のやり方などが自分に合っていない可能性があるからです。

そのため、今の職場が合っていないのであれば、人事部に掛け合って異動を打診してみてはどうでしょうか?

職場の環境が変わると、成果が出せたりやりがいを感じられたりするケースもあります。

3.副業をはじめる

今の会社を辞めたいけど、すぐに辞められるほど収入が安定していないのであれば、副業をはじめてみてはどうでしょうか?

たとえば、以下のような副業は努力すれば、稼げる可能性があります。

  • Webライター
  • エンジニア
  • せどり
  • スキルを売る
  • アフィリエイト

現在の給料に加えて数万円収入が増えれば、生活を充実させられますし、転職もしやすくなります。

また副業で身につけたスキルが評価されて、別の会社へ転職できるかもしれません。

4.転職の準備だけでもしておく

「転職を考えているけど、すぐに会社を辞める気がない」「転職したいけど実績に自信がない」と考えているのであれば、準備だけでもしておきましょう。

転職エージェントに相談すれば、無料で自分の市場価値を教えてもらえたり求人を紹介してもらえたりします。

また、求人サイトでどんな求人があるのか、選考対策について学んでもよいでしょう。

早めに準備しておけば、退職後すぐに転職先で働けるため、生活に困る心配もありません。

5.6ヶ月分の生活費を貯めておく

貯蓄がなければ、退職する勇気も出ないため、ずるずると長く働き続けてしまうでしょう。

いざというときに辞めるためにも、最低6ヶ月分の生活費は貯蓄しておきましょう。

貯蓄があれば、退職してもしばらく生活には困りません。

精神的に落ち着いて転職先を探せるので、転職活動も成功する可能性が高くなります。

どうしても辞められない人は退職代行を利用しよう

退職の意思を伝えても、上司が取り合ってくれない会社は多くあります。また忙しい時期は、相談したくても勇気が出ないのではないでしょうか?

しかし、本来従業員は、退職の意思を伝えれば自由に退職できる権利があります。どうしても辞めさせてくれないのであれば、退職代行の利用を検討してみてください。

退職代行を利用すれば、依頼を受けた担当者がすぐに会社に退職の意思を伝えてくれます。

そのため、即日退職も可能です。また退職代行の利用後、一度も出社せずに退職できる可能性もあります。

どの退職代行を利用すればよいのか悩んでいるのであれば、退職代行のおすすめランキングも参考にしてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる