生命保険会社を辞めたい!8つの理由や退職する際のポイントを徹底解説

「生命保険会社を辞めたい」
「どうしたらスムーズに辞められるのだろう」
「辞める際の注意点があれば知りたい」

など気になっている方は多いのではないでしょうか。

生命保険会社はノルマが厳しく、収入が不安定な業界。辞めたいと考えている方もいますよね。

実は生命保険会社は、比較的退職しづらい業界です。退職する際のポイントを知ることで、スムーズに辞められます。

この記事では、生命保険会社を辞めたい方のために、退職の理由やポイントを解説していきます。注意点も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

生命保険会社を辞めたい8つの理由

こちらでは、生命保険会社を辞めたいと考える理由を8つ解説していきます。

  1. ノルマが厳しい
  2. 収入が低く不安定
  3. 経費が自己負担
  4. 早朝・休日出勤
  5. 家族や友人への営業
  6. テレアポや飛び込み営業
  7. お客様に警戒されやすい
  8. スキルアップがしにくい

1.ノルマが厳しい

生命保険会社は、非常にノルマが厳しい業界です。

営業職であればどの業界でもありますが、保険業界は特にノルマが全てになります。達成していれば問題はなく、上司からの評価が高くなり、責められることはありません。

一方ノルマを達成していない場合は、上司から責められる可能性があります。怒られたり、強いプレッシャーをかけられたりなどが起こり得ます。

成果を出せないと毎日怒られることもあり、次第に精神を病んでしまうことも。

厳しいノルマを達成できずに、上司から怒られて辞めたいと感じてしまいます。

2.収入が低く不安定

生命保険会社は歩合制の会社が多く、収入が不安定な業界です。給与の内訳は基本給+歩合(インセンティブ)です。

インセンティブを前提に基本給が決まっています。インセンティブをもらえないと、基本給のみになるので、収入が低くなります。

ノルマと関係しますが、結果が全てです。自分がどれだけ努力したとしても、結果がないと評価されません。

逆に結果を出せば出すほど、収入が上がる仕組みです。ただ、毎月成果を出し続けられる方は多くないので、収入が不安定になるでしょう。

成果を出せずに収入が増えていかないと、辞めたいと感じる原因になります。

3.経費が自己負担

生命保険会社では、交通費やお客様への差し入れなどの経費が自己負担であることが多いです。

通常、業務に必要な経費は会社負担。しかし、生命保険会社では、自分で負担することになります。

交通費や差し入れの料金が高くなくても、お客様の人数が多いほど大きな金額になります。低い収入から負担しなければならないため、生活が厳しくなるでしょう。

また会社によっては、業務で使用するパソコンやタブレットなどの費用を、給与から引き落とされる場合もあります。

経費が自己負担であることが、辞めたくなる原因になるでしょう。

4.早朝・休日出勤

お客様の都合に合わせて、早朝・休日出勤が入ります。基本的にお客様の都合に合わせることになるため、プライベートの時間がなくなるでしょう。

サラリーマンの場合は平日の夜や土日にアポが入ったり、主婦の場合は平日の昼間にアポが入ったりと不規則です。

自分の休みたいときに休みが取れないので、プライベートを大切にしたい方にはストレスですよね。また自分が辞めたいと思っていなくても、家族から転職を勧められるケースも考えられます。

5.家族や友人への営業

営業成績がよくないと、家族や友人へ保険を勧めるように上司から指示があります。

家族や友人が、自分の勤めている会社の保険に加入していないと、狙われる可能性があるでしょう。結果を残せていない状況で、上司から指示があると断れませんよね。

また自分が本当に提案したいと考えていないと、良い保険の提案はできません。自分の成績のために、提案をしてしまうと信頼を失うことにつながります。

家族や友人への営業に悩んでしまい、辞めたいと感じる方もいるでしょう。

6.テレアポや飛び込み営業が辛い

生命保険会社の営業は、テレアポや飛び込み営業がメイン。会社から与えられたリストを元に、何件も電話をしたりいきなり自宅に訪問したりします。

新人はベテランの方とは違って、人脈がないためテレアポと飛び込み営業をすること。門前払いや怒られることがあるので、話すら聞いてもらいない状況が続きます。

テレアポや飛び込み営業が辛いことが、辞めたくなる理由の1つです。

7.お客様に警戒されやすい

保険屋に対して、良いイメージを持っている方は少なめです。保険の営業マンが嫌いなんて方もいるでしょう。

保険を紹介しようとすると、嫌な顔をしたり暴言を吐かれたりすることがあります。その結果、商品ではなく、自分が否定されていると感じてしまいますよね。

誰しも人から嫌な顔をされると、良い気分になりません。お客様から警戒されやすいことが、生命保険会社を辞めたくなる原因の1つになるでしょう。

8.スキルアップがしにくい

保険の営業は、毎日同じ業務の繰り返しでスキルアップがしにくいと感じる方もいます。

会社としては、ノルマが全てですので、スキルアップは後回ししがちです。自分で考えて行動するように促されることも多く、教育が行き届かないケースもあります。

その結果、スキルアップしやすい会社へ転職を考えることになるでしょう。

生命保険会社を辞める際の5つのポイント

生命保険会社は、比較的辞めづらい業界です。退職する際のポイントを事前に知ることで、スムーズに辞められます。

こちらでは、保険会社を辞める際の5つのポイントを解説していきます。

  1. 早めに退職の意思を伝える
  2. 後任の引き継ぎを行う
  3. 転職先を探しておく
  4. 社内で良好な人間関係を作る
  5. 退職代行サービスを使う

1.早めに退職の意思を伝える

保険会社を辞める際は、早い段階で退職の意思を伝えるようにしましょう。

後任への業務の引き継ぎを行う必要があるからです。場合によっては、新しい従業員の採用を行うため、早めに連絡することが必要。

上司への連絡について法律では、退職の14日前までに意思を伝えることになっています。引き継ぎのことを考えると、1か月前には連絡したいところです。

余裕を持って1か月前には伝えると、上手く引き継ぎが行えます。会社の損失を少なくするため、早めに退職の意思を伝えるようにしましょう。

2.後任の引き継ぎを行う

生命保険会社では、後任への引き継ぎが非常に重要。保険の加入者に迷惑をかけることになるからです。

保険は短期的なものではなく、10年20年と長期的にサービスを提供します。引き継ぎがしっかり行われていないと、お客様に不信感を抱かれることに。

その結果、解約につながる可能性が考えられるでしょう。解約になると会社にも迷惑がかかるため、避けなければなりません。

退職する際は、後任の引き継ぎをしっかり行うようにしましょう。

3.転職先を探しておく

転職先を探しておくと、退職後に収入面の不安をなくせます。生活費は毎月かかるため、転職先を探さずに辞めてしまうと、収入がなくなるリスクが。

また退職後に、中々仕事が見つからないと不安になりますよね。精神的な余裕がなくなり、満足のいく転職活動ができなくなります。

そのため、収入面や精神的な余裕を作るために、転職先を探してから辞めるようにしましょう。

4.社内で良好な人間関係を作る

退職時のトラブルを少なくするために、周囲と良好な人間関係を作るのがおすすめです。特に上司との人間関係は重要。

退職の意思を伝えるのは、非常に勇気が入ります。普段から周囲と良好な関係を築いていれば、退職を言い出しやすくなります

さらに、言い出すタイミングの見極めができるでしょう。

できるだけトラブルをなくして退職するために、良好な人間関係を作るようにしましょう。

5.退職代行サービスを使う

生命保険会社は、辞めづらい業界ですので退職代行サービスを使用するのも1つの手段です。どうしても辞めづらい方におすすめ。

上司に退職を言い出せなかったり、辞めたいと相談したけど聞いてもらえなかったり、自分では辞められずに悩んでる方もいると思います。もう会社に行きたくないと、考えている方もいるでしょう。

退職代行サービスは、依頼者に代わって退職の連絡を行います自分で上司に連絡する必要がありません。

そのため、余計な労力を使わずに嫌な会社を辞められます。

退職代行の詳しいサービスにようについては「【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説」をご覧ください!

【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説

退職代行サービスを使う3つのメリット

辞めづらい会社に勤めている方は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

こちらでは、退職代行サービスを使う3つのメリットを解説していきます。

  1. 即日で辞められる
  2. 上司に連絡をする必要がない
  3. トラブルになりにくい

ぜひ参考にしてみてください。

1.即日で辞められる

退職代行であれば、最短即日で退職可能です。辞めたい方の中には、すぐにでも退職したい方もいるでしょう。

しかし生命保険会社では、退職の希望を出したらすぐに受け入れられる可能性は低いです。退職代行サービスは、お客様のご希望をお聞きして、場合によっては即日退職も可能。

業者によっては24時間365日対応してくれるので、あまり時間が取れない方でも安心して問い合わせできます。

即日退職したい方は「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」ご覧ください!即日で辞めるために必要なことを解説しています。

【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説

2.上司に連絡をする必要がない

退職代行サービスは、依頼者に代わって会社とやり取りを行います。自分で上司に直接退職の意思を伝える必要がありません

辞める際の連絡は、拒否されるかもしれないと思って不安になりますよね。誰しも勇気がいるものです。

退職代行サービスでは、そのような不安は必要ありません。また会社に出社する必要もないため、上司や同僚に顔を合わせずに済みます。

3.トラブルになりにくい

退職代行サービスには、トラブルになりにくいメリットがあります。会社を辞めるということは、何かしらの思いがある方が多いでしょう。自分で退職の連絡をすると、つい感情的になってしまうことも。

その結果、上司も感情的になり、トラブルに発展する可能性が高いです。

退職代行サービスでは、依頼者と会社の間に入るため、感情的な話し合いがありませんそのため、トラブルにならずに済みます。

とはいえ、トラブルは絶対にないとは言い切れません。また、あらかじめ把握しておくと回避できるトラブルはたくさんあります

退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説」では、トラブルになり得る事例や、安心できる業者選びを紹介しているので、参考にしてみてください!

退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説

生命保険会社を辞める際の3つの注意点

生命保険会社を辞める際の注意点を知りたい方は多いのではないでしょうか。退職前に注意点を把握することで、損するのを防げます。

こちらでは、生命保険会社を辞める際の注意点を解説していきます。

  1. 引き止められる可能性が高い
  2. 給与の支払い時期を確認する
  3. 欠勤控除を確認する

1.引く止められる可能性が高い

生命保険会社では、退職の意思を伝えると引き止められる可能性が高いです。

会社としてはお金をかけて採用したのに、辞めてしまうと損失になります。特に保険の営業は、専門知識が必要ですので尚更辞めてほしくないと考えているでしょう。

会社によっては個人情報や給与の精算などを理由に、引き止められることがあるでしょう。迅速に退職届を提出することが重要です。

2.給与の支払い時期を確認する

生命保険会社を辞める場合は、給与の支払い時期を確認するようにしましょう。

確認する事項は、当月の支払いか翌月支払いかについてです。

確認しないで辞めると、給与をもらえないことがあります。事前に給与の支払い時期を確認することがおすすめです。

3.欠勤控除を確認する

生命保険会社では、欠勤控除がある場合があります。通常の雇用とは異なり、欠勤すると給与がマイナスになります。

例えば勤務日数が20日で基本給が月20万円の場合、1日休むと1万円引かれるようなものです。辞める前に会社の契約書を読んで、欠勤控除を確認するようにしましょう。

保険屋をスムーズに辞めるには、退職代行を利用するのが1つの手です。とはいえ、どんなサービスを選べばいいかわからない方も多いと思います。以下のおすすめランキングを見れば、自分にぴったりなサービスがわかるので、参考にしてみてください!

 

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら