飲食店を退職したい!スムーズに辞める6つのポイントや退職代行のメリットも徹底解説

「飲食店を退職したい」
「退職する際のポイントを知りたい」
「辞めるときの注意点は何があるのだろうか」
など考えていませんか?

飲食店での仕事は非常にハードです。接客業のため、常に気を張っていなければなりません。

さらに職場の人間関係の悩みなどから、退職を考えている方は多いのではないでしょうか。

飲食店を辞めるなら、スムーズに手続きを進められるように、退職時のポイントや注意点を把握したいところです。

そこでこの記事では、

  • 飲食店を辞めたい理由
  • スムーズに退職するポイント
  • 退職代行のメリット
  • 退職時の注意点

などを解説するので、飲食店を辞めたいと考えている方は、参考にしてみてください。

飲食店を退職したい5つの理由

飲食店の仕事は、人手不足になりがちです。少ない人数で仕事を回さないといけないケースもあります。接客業であり、一瞬も気を抜けません。

こちらでは、上記のような飲食店を退職したい理由を5つ紹介します。

  1. 仕事がハード
  2. なかなか辞めさせてくれない
  3. パワハラがひどい
  4. 人間関係が辛い
  5. 残業が多い

1.仕事がハード

飲食点での仕事は、基本立ちっぱなしなので非常にハードです。キッチンやホールなど、どこにいても座ることは少ないので肉体的労働になります。

重い調理器具の移動や水仕事での肌荒れなどがあり、体力がないと辛いと感じる方も多いでしょう。

飲食店はファミレスだろうが居酒屋であろうが、ピーク時は非常に忙しいです。人手不足であれば1人の仕事量が、倍以上になることもあります。

お店によっては、一人でホールやキッチンを任せられるときもありますよね。また、業務にミスがあると同僚やお客さまに迷惑をかけるので、プレッシャーもかかります。

体力に自信がないと、飲食店で長く働くのは難しいかもしれません。

2.なかなか辞めさせてくれない

上司に退職の旨を伝えても、すぐに辞めさせてくれないのが飲食業界です。

ホワイトな職場であれば辞められます。しかし、業界全体で人手不足の傾向があるので、すぐに退職できるお店は少ないのが現実。

退職者が出ると、他の従業員の仕事が増えてお店が回らなくなります。場合によっては「退職届を出すことができない」なんて言われることも。実際に退職届を出せない会社はないので、安心してください。

なかなか辞めさせてくれないお店は、精神的にもダメージを受けるのでできるだけ早く退職したいと思うでしょう。

3.パワハラがひどい

職場でパワハラがあると、辞めたいと感じますよね。パワハラはどの業界にも存在していて、飲食業界も例外ではありません

大企業の場合は暴力や暴言などが問題になると、振るった上司が他の店舗に飛ばされたり、クビになったりする可能性があります。中小企業の場合は、暴力は当たり前のように振るわれる可能性もあるしょう。

上司から暴力や暴言をされて、良い気分になる方はいないので、辞めたいと感じるのは当然です。

パワハラやモラハラが横行している職場は、自分への害が大きいので、早めに退職するのをおすすめします。

4.人間関係が辛い

飲食点は、閉鎖された空間で仕事をします。狭い空間で多くの従業員が働くので、人間関係でのトラブルが発生しやすいです。

また、狭い空間の中で悪口を言われると、本人の耳に入りやすいです。そうすると職場の雰囲気も悪くなり、精神的に辛い想いをします。

飲食店は閉鎖された空間であることから、人間関係のトラブルが多く、退職したいと考える方もいるでしょう。

5.残業が多い

飲食業界では、長時間勤務がよくあります。労働基準法に違反している会社は多いです。

接客業であるため、お客様優先の考え方になります。店が空いている日は早く帰れますが、混んでいる日はお客様が帰るまで働くことになります。

さらに、店の営業時間以外に料理の仕込みや、お客様が帰った後の片付けなどがあり、残業が多いです。24時間営業や深夜営業を行っている飲食店もあるので、残業の多さにつながっています。

また休みをもらっていても、人手が不足していると正社員が休日出勤をすることもよくあることです。

飲食店をスムーズに退職するための6つのポイント

飲食店をスムーズに退職するポイントを知りたい方は多いのではないでしょうか。

業界全体で人手不足の傾向があるため、退職の意思を伝えても辞めさせてもらえない可能性も。飲食店を辞めたい方は、退職するためのポイントを知ることで、スムーズに手続きを行えます。

こちらでは、スムーズに辞めるポイントを6つ紹介するので、参考にしてみてください。

  1. 周囲と良好な人間関係を作る
  2. 転職先を探しておく
  3. 貯金をする
  4. 仕事の引き継ぎをしておく
  5. 退職の旨を早めに伝える
  6. 退職代行サービスを使う

1.周囲と良好な人間関係を作る

退職時のトラブルを少なくするために、周囲と良好な人間関係を作るのがおすすめです。特に店長との人間関係は重要。

普段から良好な関係を築いていれば、退職を言い出しやすくなります。さらに、言い出すタイミングの見極めができるでしょう。

また転職先の仕事で、再度関わりが出てくる可能性も少なからずあります。できるだけトラブルをなくして退職するために、良好な人間関係を構築するようにしましょう。

2.転職先を探しておく

退職するまでに、転職先を探しておくと収入面が安定します。退職後に仕事を探す場合、収入がなくなるのがリスクです。

事前に探しておくことで、収入の心配をする必要がありません。

さらに辞めた後に仕事が見つからないと不安にならないので、精神的に余裕が生まれます。そのため、収入面や精神的な余裕を作るために、転職先を探してから辞めるようにしましょう。

3.貯金をする

貯金があれば、飲食店を退職してもある程度生活できるので、精神的に余裕が生まれます。貯金がない状態で、転職先を決めずに仕事を辞めてしまうと生活ができなくなる可能性があるでしょう。

さらに貯金をしていると退職後に、自分自身の今後を考えながら転職活動を行えるのもメリット。

また、転職活動にはお金がかかりますし、貯金がなければ満足に活動ができなくなります。

飲食店を辞める際は、退職後の生活を考えて貯金をするようにしましょう。

4.仕事の引き継ぎをしておく

仕事を辞める際は、引き継ぎが必要です。もし自分しかできない仕事があった場合、辞めてしまうと誰も行えなくなります。

そうなった場合、飲食店だけでなくお客様にまで、迷惑をかけることに。例えば店長が辞める場合、従業員のマネジメントを行う人がいなくなるので、上手く仕事を回せなくなるでしょう。

飲食店やお客様に迷惑をかけないように、仕事の引継ぎは行いましょう。

5.退職の旨を早めに伝える

退職を考えている方は、早めに伝えるようにしましょう。退職する直前に伝えると、後任への引き継ぎができません場合によっては、新しい授業員を採用する必要もあります。

また法律では、退職の14日前までに意思を伝えることになっています。仕事量が多いと、14日では引継ぎが終わらない可能性があるでしょう。

余裕を持って1か月前には伝えると、上手く引き継ぎが行えますよ。

6.退職代行サービスを使う

飲食点を辞めたい方には、退職代行サービスの使用がおすすめです。飲食店は退職の意思を伝えても、すぐに辞められないことがあります。

そのような場合に、退職代行サービスを使用すると、退職のプロがやり取りをしてくれるのですぐに辞められます。そのため、辞めづらい職場でも効果的です。

飲食店を退職代行サービスで辞める3つのメリット

飲食店はすぐに辞められない可能性があります。退職代行サービスで辞めたい方は多いのではないでしょうか。

退職代行サービスは、自分で上司とやり取りを行う必要がないので、辞めづらい職場でも安心できます。

こちらでは、退職代行サービスで辞める3つのメリットを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 上司に直接伝える必要がない
  2. 無理に引き止められない
  3. 即日で辞められる

1.上司に直接伝える必要がない

退職代行サービスは、依頼者に代わって会社とやり取りを行います。上司に直接退職の意思を伝える必要がないことが最大のメリットです。

誰しも退職の意思を伝えるには、勇気がいります。拒否されるかもしれないと思って不安になりますよね。

退職代行サービスでは、そのような不安は必要ありません。また上司と顔合わせずに済むので、安心して依頼できます。

2.無理に引き止められない

退職代行サービスでは、直接やり取りを行わないので無理に引き止められません。

自分で上司に退職を伝えると、高い確率で引き止められます。引き止められると、気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。その結果、退職できないこともあり得ます。

退職代行、依頼者と会社の間に入ります。やり取りを全て行ってくれるため、引き止められる可能性は低いです。そのため、引き止められずに安心して退職できます。

3.即日で辞められる

退職代行であれば、最短即日で退職可能ですというのも「今まで我慢してきたけどもう耐えられない」と、すぐに退職したい方もいるでしょう。

しかし、自分で退職の希望を出したらすぐに受け入れられる可能性は低いです。

退職代行サービスであればすぐに対応してくれて、場合によっては即日退職も可能。まずは気軽に相談してみましょう。

サービスによっては24時間365日対応してくれるので、忙しい方でも問い合わせできますよ。

飲食店を退職するときの3つの注意点

飲食店を退職するときの注意点が気になる方は多いのではないでしょうか。

飲食店は辞めづらい職種であるので、退職する際はさまざまなことに注意する必要があります。事前に把握することで、スムーズな退職ができるでしょう。

こちらでは、飲食店を退職するときの注意点を解説していきます。

  1. バックれない
  2. 支給品は返却する
  3. 無理せず退職代行を使う

1.バックれない

飲食店は長時間勤務であり、残業が多いことから非常に過酷な業界。そのため、退職の意思を伝える前に、出社しなくなる方が多いです。

無断退職は懲戒処分にされてしまったり、職歴に傷が付いたりします。さらに、自分の仕事を誰かが補うことになるので、同じ職場の方に迷惑をかけるでしょう。

退職する際は、バックれないでしっかり意思を伝えるようにしましょう。

2.支給品は返却する

支給品は飲食店の所有物であるため、返却する必要があります。

直接お店に行くのが嫌であれば郵送でも構いません。飲食店であれば主に名札や制服、帽子、エプロンなどが該当します。

返却しなければ紛失扱いになり、給料から引かれるということもあるので必ず行いましょう。

3.無理せず退職代行を使う

仕事がハードな職場であれば、体力的にも精神的にも鍛えられると言われています。しかし実際に鍛えられたということは少ないでしょう。

そのため、働いている環境がきつく辛い人は、退職がおすすめです。ちなみに、退職は甘えではありません。無理をして体を壊してしまうと、元も子もありません。

どうしても辞めづらい場合は、退職代行サービスを利用しましょう。退職のやり取りを代わりに行うため、依頼者の負担を軽減します。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら