退職の電話は代行できる!メリットを知って会社を辞める参考にしよう

「退職の電話を代行してもらえるのか」
「退職の電話を代行してもらうメリッを知りたい」
「デメリットも知りたい」
など気になりませんか。

退職を電話で伝えようとしている方には、電話代行サービスがおすすめです。電話代行サービスを使用すると、自分で直接伝える必要がないので、気軽に退職できます。依頼する前にメリットやデメリットなどを把握したいところです。

この記事では、退職を電話代行サービスで行うことについて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

退職の電話を代行してもらえる?

電話代行サービスを使用すると、依頼者に代わって退職を伝えてくれます。電話代行とは、依頼者の代わりに企業へ退職の連絡をするサービスです。ただし、辞める連絡をするだけですので、退職後の連絡は自分で行うことになります。

上司に退職の意思を伝えることは、非常に勇気が必要です。その部分を代行してもらえるのであれば、安心できます。

退職の電話を代行してもらう5つのメリット

退職の電話代行は自分で辞める連絡をする必要がないため、非常に便利なサービスです。退職を伝える際は、誰しも緊張するものなので、代行してもらいたい方は多いのではないでしょうか。

電話で退職の連絡をしてもらいたいと考えている方は、依頼する前にメリットを把握したいところです。

こちらでは、退職の電話を代行してもらうメリットについて解説していきます。是非参考にしてみてください。

1.費用を抑えられる

退職は電話代行サービスだけでなく、弁護士にも依頼できます。弁護士は会社との交渉が可能なため、退職をする際のできることが多いです。弁護士以外の退職電話代行サービスは、弁護士法違反になる可能性があり、会社と交渉ができないことがあります。

しかし、弁護士に依頼するとどうしても費用が高額になります。基本料金に成果報酬が加わるからです。

電話代行サービスの場合は、費用を抑えられます。元から料金が決まっており、追加費用が発生しないことが多いからです。弁護士よりもできることは限られますが、追加料金が発生したいので費用を抑えられます。

2.高い確率で退職できる

自分で上司に退職を伝えると、高い確率で引き止められます。引き止められると、気持ちが揺らいでしまったり、厳しいことを言われたりするでしょう。その結果、辞められないこともあります。

電話代行サービスを利用すると、依頼者と会社の間に入るため、引き止められる可能性は低いです。さらに厳しいことを直接言われることもありません。

そのため高い確率で退職できるので、安心できます。

3.トラブルになりにくい

電話代行サービスは、依頼者と会社の間に入るため、トラブルになりにくい傾向です。直接連絡をした際に、中々辞めさせてくれないこともあります。会社との間に第三者が入ることで、依頼者と直接連絡ができないため、適切な対応を取るでしょう。

また、人によっては退職の意思を伝える際に、感情的になる方もいます。その結果、喧嘩になってしまうとお互いにとって嫌な思いをします。

電話代行サービスは、会社との間に入って連絡をしてくれるため、トラブルになりにくいです。

4.即日で退職できる

業者によりますが、電話代行サービスを利用すると、即日で退職できます退職を検討されている方の中には、今すぐにでも辞めたい方もいるかもしれません。その場合は24時間365日受付・対応している業者を選びましょう。

昼間に時間が取れなくても、早朝や深夜でも相談に乗ってくれます。そのため、即日での退職が可能です。

5.会社に出社しなくて良い

法律上退職をする際は、14日前までに伝える必要があります。最低でも14日間は働かないといけないので、気まずい思いをする可能性があるでしょう。辞める間に良いことを言ってくれる方もいれば、嫌なことを行ってくる方もいます。

電話代行サービスを利用すると、出社する必要はありません。退職の連絡はもちろんのこと、辞める手続きに必要な書類は郵送で可能です。そのため、出社する必要がないので安心して辞められます。

退職の電話を代行してもらうデメリット

退職の電話代行には、費用が抑えられることやトラブルになりにくいなど、さまざまなメリットがありました。事前にデメリットも知っておくと、依頼する前後のギャップが少なくなります。

こちらでは、退職の電話を代行してもらうデメリットを解説していきますので、検討材料にしてみてください。

1.費用がかかる

電話代行サービスは、弁護士よりも費用を抑えられます。しかし、退職を自分で行えば費用がかかりません。何か特別な理由がなければ、自分で対象をしたい方もいるかもしれません。

ただし費用がかかると言っても、弁護士よりも費用が安く、明朗会計の業者が多いです。電話代行サービスに依頼すれば、安価で高い確率で辞められます。

2.勤務先と良い関係は築けない

電話サービスを利用する際は、退職後に今までの勤め先と良い関係は築けません。自分で直接上司と連絡をしないため、良くない印象を与えることがあるからです。円満に退職するには、自分で上司とコミュニケーションを取る必要があります。

自分の言葉でしっかり話すことで、気持ちよく辞められます。そのため、勤務先と良好な関係を築けないことはデメリットと言えるでしょう。

3.法律関係はどうすることもできない

電話代行サービスでは、法律関係でできることはなく、弁護士の仕事になります。会社で違法行為があった際の対処ができません。

会社の主な違法行為は以下の通りです。

  • 給与・残業代の未払い
  • パワハラ・セクハラ
  • 有給休暇の消化拒否
  • 退職金も支払い

上記のような行為があった際の対処ができないので、損をする可能性があります。

電話で退職を伝えるのであれば代行サービスがおすすめ

退職を電話で伝えることを検討している方には、代行サービスがおすすめです。電話と言っても直接上司と会話をすると、引き止められることが考えられます。その結果、辞めさせてもらえなかったり、退職まで時間がかかったりします。

初めから電話代行サービスに依頼すると、会社との連絡を代わりにやってくれるため、自分でやる必要がありません。そのため、引き止められる可能性が低いです。

また業者によっては即日対応しているため、すぐに退職可能です。

退職代行を使うと会社から電話は来る?

結論から言うと、会社から連絡がくることはあります。さらに直接自分のところに連絡がくるのではなく、実家や自分のパートナーへ連絡がいく可能性も少なからずあります。

例えば未成年者で、ご両親に連絡させることです。

「え、そこは連絡が来ないようにしてよ。」と言いたいお気持ちはわかりますが、退職代行業者には会社側に連絡をしないように伝える強制力がありません。そのため、絶対に会社から連絡がこないようにすることはできないのです。

退職代行業者が会社側に強制してしまうと、弁護士法に違反してしまいます。

ただし「ご連絡してもお出になられない可能性が高いです。」と、お伝えはできます。

退職代行を利用して会社から電話が来た時の対処法

万が一、会社側から連絡がきた場合は、出れない状況であれば出なくとも問題ありません。会社からの連絡を受けなかったからと言って、退職できなくなることはないのです。

なぜなら、退職するために必要な書類や会社へ返却する物などは、電話を受けなくとも行うことが可能だからです。そのため、本人と直接連絡をする必要はありません。

また本人以外とやり取りができない場合は、郵送やメールなどで対応する旨を、退職代行業者に伝えてもらえます。会社側が外部に開示できないといった、引き継ぎ等がある場合は連絡をとったほうが良いです。

退職代行SARABAでは、事前に会社との直接のやりとりを希望するかしないかをと依頼者様と一緒に決めています。

退職代行SARABAはこちらからお問い合わせください。