退職日を伝えたのに先延ばしにされ続けてますという人の解決法

「退職日を伝えたのに受け入れてもらえない」
「約束していた退職日が先延ばしにされつづけて困っている」

ブラック企業にありがちな悩みですが、多くの人が同じ悩みをかかえています。
あなたが強く言えないことをいいことに企業は「まだ引き延ばせる」と考えているように感じます。しかし、辞めると決めたのに退職日をズルズルと引き伸ばされるのは人生の損失でしかありません。

一刻も早く退職するためにこの記事を読んで対策を行ってください。
この記事では会社に退職日を引き延ばされている人がどうすれば辞められるかをまとめました。

円満退社は諦めろ!

まず円満退社したいという願望は捨ててください。
退職日を引き延ばされている人の多くが円満退社したいという理由で会社の要望を聞き入れてしまっています。

「上司や同僚に迷惑をかけたくない」
「会社に負担をかけたくない」

こんなことを考えていませんか?

その弱みに付け込んで会社はあなたの退職日を引き延ばしているのです。一度でも退職日が引き延ばされてしまったのなら円満退社することはできません。円満退社できないのなら強引にでも早めに退職してしまいましょう。

退職日はあなたが決めていい

勘違いしている人が多いのですが退職するのに会社の承諾はいりません。あなたが辞めたいと言った日に辞められるのです。ただし法律で14日以内は退職ができないと決まっていますので1カ月後くらいを退職日にしておく必要はあります。

会社側が「人手不足なので2カ月はいてほしい」と言ってもあなたが従う義務はありません。人手が確保できないのは会社の問題であって退職するあなたは自分の都合を優先していいのです。

といっても長年勤めてきた会社だと恩義を感じてしまうでしょう。そういった場合は「2か月後までなら構いませんがそれ以上は転職先が決まっているので無理です」と伝えて引き延ばしさせないようにしましょう。

説得力のある退職理由にする

退職理由があいまいだと会社は「転職先が決まっていないからまだ勤務できるだろう」と勝手に判断します。

「人間関係が辛いので」とか「将来が不安なので」といった理由ではなく「次の転職先が決まっているので」など期限が決まっている退職理由を伝えましょう。次の仕事が決まっているとなれば会社は無理に退職日を引き延ばそうとは考えません。

退職届を提出する

退職日を引き延ばされる理由の一つに、退職届を出していないことが挙げられます。
退職届を出しておけば書面で証拠が残っていますので会社としても引きとめにくくなります。退職日を伝えたら退職届のコピーを保管して原本を上司に提出しましょう。

転職先が決まったと告げる

会社に退職日を先延ばしにされた経験があるのなら「来月から転職先で働きます」と伝えて明確な期限を示しましょう

「急に言われても困る」と上司は言うかもしれません。しかし「退職日は以前からお伝えしていました」と主張して、希望退職日に合わせて転職活動をしていたことを示しましょう。

次の職種が聞かれるかもしれませんので転職先として考えている仕事を伝えましょう。
転職先が決まっている人の退職日を先延ばしにしようとする会社は、よほどのブラック企業でもない限りありません。

退職後の有給や書類はしっかり確認しておく

退職日を先延ばしにするようなブラック企業の場合、手続きや有給休暇の取得についても心配ですよね。
退職時には離職票、社会保険喪失証明書、雇用保険被保険者証など多くの書類があります。会社にすべて任せるのではなく必要書類は自分で調べておきましょう。しっかりとした会社であれば退職後に郵送してくれますが、ブラック企業の場合は本人が申請しないと何の手続きもしてくれない場合があります。

特に有給休暇の取得は本人が申告しなければほとんどの会社で無かったことにされます。上司や本社にしっかりと日数を確認して申請しておきましょう。

自分でやるのが面倒なら退職代行サービスを利用しよう

退職日を先延ばしにするようなブラック企業を相手に有給の取得や手続きをするのはかなり大変です。そんな時には退職代行サービスを利用するのも一つの手です。

退職代行サービスとは退職の連絡や手続きをあなたの代わりに行ってくれるサービスです。スムーズにいけばあなたは会社と連絡を取ることなく退職することができます。退職代行サービスでは第三者が会社と交渉してくれるので退職日を先延ばしにされる心配がありません。上司と対面して嫌味を言われることもないし、必要な書類や有給休暇の取得手続きも代わりに行ってくれます。

退職にかかる精神的負担のほかに手続きに要する時間も浮くので転職活動に専念することができます。
面倒な退職の連絡や手続きを避けたい人にうってつけなのが退職代行サービスです。

退職代行「SARABA」でおさらばしませんか?

まとめ

一度でも会社に退職日を先延ばしにされたら円満退社は望めません。

あなたが弱気なままだと人材不足などを理由に1年以上も退職日の引き延ばしにあうことでしょう。
自力で解決する一番の方法は「転職先が決まっている」と告げることです。

来月から転職先で働くと伝えておけば多くの企業は退職日を引き延ばそうとはしないでしょう。それでも退職手続きなどで問題が起こる可能性は高いです。

退職時の問題を避けるために退職代行サービスを利用するのもいいでしょう。退職代行サービスなら自分で退職を伝えられない人でも問題なく退職ができます。いずれにしろ、今のままでは退職日は延々と伸ばされ続けるだけです。早めに対策を打つようにしましょう。