退職代行利用者に聞いた!営業マンに多い退職理由

厳しい仕事のイメージが付きまとう営業ですが、やはり退職代行利用者の中でも営業マンの方の利用が多いです。では営業マンが仕事を辞めたくなるような辛い理由とはどんな理由でしょうか?今回、退職代行利用者からのアンケートを元に

  • 営業を退職したくなった理由
  • なぜ退職代行を利用せざるをえなかったのか   

 につてい聞いてみました。

営業を退職したかった理由

営業での退職理由で最も多いのが「人間関係」「会社の方針」です。それぞれ見ていきましょう。

パワハラ

直属の上司からのパワハラで同じ営業仲間とのヒイキが凄かったです。自分が新人だから頼りないのはわかっていますが辛かったので辞めたいと思いました。」

営業は成果を厳しく見られがちなので、「こいつは出来ない」と思われるとパワハラが横行することが多いです。しかし、それでは社員が委縮してしまい、さらに結果を出しづらくなるだけです。ヒイキすることが多い会社では結果が出しづらくなってしまうので、早めに辞めてしまった方が賢明でしょう。

「上司との人間関係が最悪。人格否定され、常に怒られるかもしれないと言う恐怖感があった」

何をするにも怒られていたのでは、業務に集中できないですし気軽に教わることも難しくなってしまいます。結果仕事ができなくなってさらに怒られる負のループです。上司はしっかりと部下に仕事を教えなければいけません。人格否定はパワハラの対象です。訴えられる可能性すらあるでしょう。そんな負のループを断ち切るためにも、いち早く抜けてしまいましょう。

「プライバシーがなく、人に知られたくないことを平気で皆に言うこと。こんな人たちとは一緒に仕事をしたくないと思った。」

デリカシーがなく、相手の気持ちも考えない人ばかりの職場では、様々な面で傷つけられることが多いでしょう。「会社の人間と自分は合わない」と感じたら、一刻も早くカルチャーフィットする会社に転職した方が圧倒的に仕事が楽しくなります。

会社の方針

「会社の方針に納得できなかった、育成体制が全くなっていなくて、初日からずっと放置されていた、しかし仕事しろと怒られた、初めての作業で分からない事を聞いたら暴言を吐かれた。」

マネジメントできない上司はもはや上司として存在する価値がないのですが、そのような上司ほど無能にも喚くだけです。むしろ上司として仕事してください、という印象を受けますが、そのような人を上司に据える会社は早めに損切してしまった方が良いでしょう。

「在宅営業だったにも関わらず、会社用のパソコンや車が支給されず、自宅の物を使用し、ストレスが溜まった事。同僚社員に対する理不尽な対応。」

普通は会社が負担する部分を社員に負担させる会社は、あまりまともとは言えません。社員が不満に思うのも頷けます。もちろんフリーランスで業務提携先であるならば話は別ですが、社員に対してそのような意識のある会社は、社員の面倒を見る気があまりないとも受け取れます。会社の方針に納得がいかないまま働き続けるとストレスが溜まってドンドン不満が大きくなってしまうでしょう。

厳しいノルマ

また、営業で多い退職理由として営業ならではなのが、「厳しいノルマ」です。

「ノルマです。会社に入社した際ウチはノルマではなく目標なのでお客様のことを第一に。と言われていたのですが、実際はノルマが達成できないと厳しく叱られ、残業代もつかないのに夜遅くまで勤務していたことです。」

結果が全てになりがちな営業の世界において、厳しすぎるノルマは従業員のモチベーションを下げます。厳しく叱るばかりが教育ではありません。誰でも最初は結果を出しづらいものなので、長い目で見て教育していく必要が本来はあります。しかし、結果ばかり重視しがちな上司であれば、ひたすら責められる事もあるでしょう。そこで反発心から頑張れる人であればいいですが、逆に委縮して力が出せない人は職場が合わないと考えて転職してしまった方が良いかもしれません。

「毎日遅くまで業務。ノルマもありつつお客様の依頼、異変、クレーム全て対応。」

ノルマもある中で他の業務まで任されては、当然ながら残業を強いられてしまいます。対応することがありすぎると遂ミスをしてしまうこともあるでしょうし、そこから仕事が遅くなればノルマの達成も厳しくなります。社員がしっかりとパフォーマンスを発揮できる環境を整えるのも経営者の役目ですが、そこが疎かになっている会社は注意した方が良いと言えるでしょう。

「人間関係では営業なので同じ店舗の仲間とは熟年の営業の方にはすごく良くしてもらいましたが、近い年齢の営業の方からは新規のお客さんを与えてくれず、ノルマを中々クリアすることができず、少し嫌がらせじみたことは受けました」

近い年齢だと変にライバル意識も強く、特に営業の世界だと「下に抜かれたくない」という思いから後輩の足を引っ張る人も少なくありません。かなり大人げない行為ですが、相手にも余裕がないからこそと言えるでしょう。

なぜ営業で辞めますと言えなかったのか

退職代行に対して「退職なんて自分で言えばいいじゃないか」と思われがちですが、利用者にはそれでも退職できなかった事情があります。その事情について、生の声をお聞きください。

受け入れてもらえない

「辞めると何度か言いましたが話が平行線なのと次の就職の期限があったため。」

「認めてくれない、いろいろ指摘されると思いました。」

「直接伝えると何を言われるか分からなかったから」

「1度退職の意思を伝え、2度目は言い出しにくかったから。」

「2度退職希望を受け入れられず、そこから会社に対する不満が溢れ、即日で辞めたいと思うようになったからです。」

ほとんどの営業職の人が言っているのが「言っても受け入れてくれなかった」です。パワハラ紛いの部下をなめている上司であれば、当然の反応と言えるかもしれません。そして次に多いと言えるのが、「退職を伝えた後に何を言われるかわからなくて怖い」という点。確かに、そんなパワハラ上司に辞めることを伝えたら、どんな罵倒が飛び交うか恐ろしくなります。たとえ辞められるとしても、2週間や一ヶ月ほどその間に出勤しなければいけないなんて、考えただけでも億劫ですよね。実際に、退職を伝えてから二週間の出勤が嫌で退職代行を利用し、次の日から出勤しないようにする人も多いです。

即日退職したい

「入社後最初の3ヶ月は契約社員だったので、1ヶ月前に退職の意思を伝え、業務に取り組んでいたが、辞めると決まってから営業から雑用業務ばかにりなり、半ば放置されて耐えきれなくなったため。」

「退職したいなと思って3ヶ月経っていたので正直即日で辞められないかなと思いネットで検索をしたところ退職代行サービスというのをみつけ、利用しました。」

「仕事終わって、帰った時もう顔も見たくなく、声も聞きたくなかった為。」

やはり多いのが、「即日退職したい」という想いです。次の日から出勤したくないという限界の状態で依頼をくださる方も多いです。「もう限界…」という状態で会社に行き続けては本当に精神が壊れてしまいます。そうなる前に、限界の時は第三者に介入してもらうことも検討しましょう。部下を舐めている上司の場合、当人が言ってもなかなか退職を受け入れてもらえないものですが、第三者を介入させることで驚くほどあっさりと解決します。

「一度本部の上司に相談して改善がなければ辞めたいと申したところ改善するといわれ、退職を止められましたが改善が無く、もう一度退職を申し出たところ退職を引き受けてくれなかったので代行サービスを利用させて頂きました」

辞めたい理由を伝えた時に、上司が会社の体制を改善することを提案してくれたとしても、その時に引き止めるための軽い口約束である事がほとんどです。言って改善するくらいであればそんなに悩まなくても良かったりするので、改善するという言葉には期待しない方が良いでしょう。もしも改善を約束してくれたとしても、少しも改善が見られないようであればすぐに辞めるべきです。

なぜSARABAを選んだのか

数ある退職代行サービスの中で弊社をお選びいただけるのは非常に喜ばしいことですが、なぜ選んでいただけたのか。その理由について営業マンの生の声をお聞きしました。

「サラバさんはYouTubeにも掲載されていれていて、迅速かつ信頼性があるなと判断させて頂いたので、利用しました。」

ビジネスマンの方にこう言っていただけるのはうれしい限りです。一刻も早く解決したい人のためにも、迅速な対応を心掛けています。

労働組合であること、他に比べ料金がリーズナブルであったから」

退職代行SARABAは、「退職代行SARABAユニオン」として労働組合が運営しています。利用者はこちらの労働組合に加入していただく形になるので、会社との様々な交渉も可能になります。また、料金は一律27000円です。労働組合への加入や何度かの電話対応があったとしても、全てこの金額でサービスさせていただいています。

「他社と比較して口コミが良かったから。」

ありがたい事に各方面の記事にてSARABAを一位にしていただいています。おかげさまで退職依頼7000件を2019年時点で超えました。ありがとうございます。

終わりに

厳しいイメージが付きまとう営業の仕事ですが、確かに辛い面はあるかもしれません。ですが、それ以上に先輩や上司からのパワハラなどで悩んでいる人も多いです。営業の会社は腐るほどあるので、その会社で委縮してしまってパフォーマンを発揮できないようであれば早めに退職してしまった方が良いかもしれません。

もしも「退職の交渉をできる自信がない…」「何度も伝えたけど全然受け入れてくれなかった」という場合は退職代行SARABAにお任せください。あなたに代わって会社に退職の意思が本気であることをお伝えします。

⇒退職代行SARABA無料相談はこちら