退職代行を利用しても会社からの電話を出ずに退職できる理由と方法!

退職代行を利用する際に不安に感じることの1つが、会社からの電話やLINE、メールなどによる連絡ですよね。

これらをどう回避できるのか、どのように対処したらいいのか?をお伝えします。

そもそも会社から連絡がくることなんてあるの?

結論から言うと、会社から連絡がくることはあります。

場合によっては、直接自分のところに連絡がくるのではなく、実家や自分のパートナーへ連絡がいってしまうこともあります。

この点については、退職代行業者の公式ページにも書かれていることですし、退職代行を利用する際に、事前に伝えられることです。

「え、そこは連絡が来ないようにしてよ。」と言いたいお気持ちはわかりますが、退職代行業者には会社側に連絡をしないように伝える強制力がないので、絶対に会社から連絡がこないようにする、ということはできないのです。

もしここで、退職代行業者が会社側に強制してしまうと、弁護士法に違反してしまうことになります。
なので、退職代行業者側が「本人に電話をかけるな」と、強制することはありません。

ただ、「ご連絡してもお出になられない可能性が高いです。」などと、お伝えは出来ます。

連絡がきた場合は直接やりとりができないと伝えてもらう

万が一、会社側から連絡がきた場合は、出れない状況であれば出なくとも問題ありません。

会社からの連絡を受けなかったからと言って、退職できなくなることはないのです。

なぜなら、しっかりと退職するために必要な書類や(退職届など)、会社へ返却する物、逆に返却してほしい物などは、電話を受けなくとも行うことが可能だからです。

会社を辞めるという強い意志と退職に必要な手続きをきちんと行えば、本人と直接やり取りをする必要性は大抵の場合ありません。

また、本人以外とは、やり取りできない場合でも、郵送やメールなどで対応する旨を、退職代行業者に伝えてもらうことが可能です。

もし、会社側が外部に開示できないなどといった、引き継ぎ等がある場合は連絡をとったほうが無難ですが、それさえもままならないような酷い待遇を受けてきたり、精神的に不可能であるならば、できない理由を代行会社を通してでもいいので会社にしっかりと伝えた方が良いでしょう。

逆に、そこでもし会社からの電話に出たりLINEを返してしまうと、本人と連絡が取れるのだから会社は代行サービスに連絡しないこともあります。また、そのとき「やっぱり、仕事を続ける」と会社に伝えてしまうと、自分の意思で仕事を続けるという選択をしたということになるので、退職代行業者もサポート出来なくなってしまいます。

なので、会社からの連絡には、出れない状態であれば出ないことがベターです。

会社を辞める手続きまでしてるのに、無理やり引き止めてきたり、直接自宅に訪問してきた場合は、居留守を使うか、いったん友人や実家、その他、別の場所に離れておくという手もあります。

これまで述べたことを少しでも回避するために退職代行SARABAでは、事前に会社との直接のやりとりを希望するかしないか?ということを依頼者様と一緒に決めています。

まとめ

以上が退職代行を利用した際に会社から電話がかかってきた場合や、かかってこないようにする方法でした。

一般の退職代行業者では、完全に拒否することは出来ないかもしれませんが、会社との直接的なやり取りを希望しないということを伝えることはできます。

できれば、「直接やり取りをせずに退職したい」「まずは相談してみようかな。」と言う方、しっかりとサポートさせていただきますので退職代行SARABAをご利用されてみてはいかがでしょうか?

退職代行SARABAはこちらからお問い合わせください。